名古屋ガイドウェイバスの車両

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
GB-1000形(G-53)
GB-2000形(G-13)
GB-2100形(G-93)
GB-2110形(G-06)

名古屋ガイドウェイバスの車両では、名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)ガイドウェイバス志段味線の車両について記述する。

概要[編集]

当路線には、以下の車両が配置され、運用されている。

いずれの車両も路線バスタイプのバスに、案内軌条のガイドレールにより専用軌道上を走行するために必要な機構を付加したもので、専用軌道上を走行するときは、前後輪の脇から小さな車輪状の案内装置が2本のガイドレールに接触して誘導されることにより、運転手はハンドル操作を必要としないでアクセルとブレーキの操作で走行することができる[1]。一般道路上を走行するときは、この案内装置は車体に格納される[1]公共車両優先システム (PTPS) が搭載されており、路線の一般道路上を走行中は、バスから発信される電波で感知器が作動し、信号機に青信号を延長させたり、赤信号を短縮する時間をコントロールさせる機能によって、バスを優先的に走行させるシステムを有する[1]

自動車としての型式は、GB-1000形が三菱ふそう・エアロスターKL-MP35JM、GB-1100形が三菱ふそう・エアロスター(リフトバス)KL-MP35JM改、GB-2000形が日野・ブルーリボンシティKL-HU2PMEA、GB-2100形は日野・ブルーリボンシティ(リフトバス)KL-HU2PMEA改、GB-2110形は日野・ブルーリボンシティハイブリッド(リフトバス)LNG-HU8JLGP改であるが、日本の法規(軌道法)上無軌条電車に準じた扱いとなり、鉄道車両としての車両形式が存在する。ただし、ディーゼルエンジンを動力として走行するため、気動車である(すなわち、「無軌条電車」ならぬ「無軌条気動車」である)。全車両がアイドリングストップシステムを採用しており、GB-2110形がFFシフト式マニュアルトランスミッション、それ以外の形式はトルクコンバータ式オートマチックトランスミッションである。

全車、名古屋ガイドウェイバス株式会社が所有し、車両の管理・運行は、名古屋市交通局大森営業所)、名古屋鉄道(名鉄、後にバス部門分社化により、名鉄バス)、ジェイアール東海バス(JR東海バス)に委託されていた。2009年10月1日の名鉄バス・JR東海バスの運行撤退により、同日から管理・運行委託先は名古屋市交通局に一本化されている。

事業用車両[編集]

試作車・融雪剤散布車[編集]

試作車として三菱ふそうにより「THE GUIDEWAY-BUS 1000」と書かれたエアロスター(初代)ベース(KC-MP617M改)の車両が、日野自動車により「THE GUIDEWAY-BUS 2000」と書かれたブルーリボン(初代)ベース(KC-HU2MMCA改)の車両が製作された。

のちにTHE GUIDEWAY-BUS 1000は融雪剤散布車として運用されていた。


その後、営業用第2世代車両の試作車として日野自動車によりブルーリボンシティハイブリッドベース(LJG-HU8JLGP改)の車両が2012年に製造され、こちらも融雪剤散布車となりTHE GUIDEWAY-BUS 1000を置き換えた。

保線車両[編集]

保線車両としてガイド機構を備えない三菱ふそう・キャンターが在籍している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』 日本実業出版社2001年11月10日、初版、252-253頁。ISBN 4-534-03315-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]