名創優品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社名創優品産業
MINISO CO.LTD
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中央区銀座3-10-7 銀座京屋ビル7F
設立 2013年9月
業種 小売業
事業内容 小売業
代表者 代表取締役 岸暁莉
外部リンク http://www.miniso.jp/
テンプレートを表示

名創優品(めいそうゆうひん、メイソウ、英:MINISO Life)は、中華人民共和国を中心に世界各国で、主に雑貨販売を行っている企業である。

キャッチコピーは、「今の生活が好き! だから、名創優品」「Love Life, Love MINISO」。

概要[編集]

名創優品 高田馬場店

各種商品の価格を低価格(主に中国では10(日本円で160円程度)、日本では200円)に抑えて販売している、中国では郊外への出店が多いことから、日本製品への信頼をよせる出稼ぎ労働者などの低所得層をターゲットにしたものと考えられている。

ロゴマークは、「MINISO 名創優品」と表記されているタイプと「メイソウ」と表記されているタイプの2種類があり、店頭では2種類のロゴマークが並ぶように配置されていることが多い。ただし、日本国内の店舗では「メイソウ」タイプのロゴマークは使用されていない。

商品に記載されている法人名は「株式会社名創優品産業」、中国側の運営は株式会社葆扬[1]となっている。本社は銀座3-10-7(銀座京屋ビル7F)に置かれているが、商品のタグによっては渋谷区神社前4-2-8(設立者によれば「神宮前の間違い」とされる[2])や、目黒区原町を指している場合がある。

かつては公式ウェブサイトに記載されていた日本語の文章がおかしいと日中のネットユーザーに揶揄され、日本に実店舗がないことなどを「とくダネ!」で批判されていたが[2]、名創優品が誤った日本語の記載等を謝罪し[1]、日本での実店舗進出とあわせて国内でのイメージ改善にも力を入れている。

沿革[編集]

2013年9月、日本で株式会社名創優品産業が設立登記され[3]、同月中国・広州市に1号店を開店した[4]

設立者はデザイナーでもある三宅順也とされ[5]、2015年まで日本法人の代表取締役だった。文化服装学院を卒業し、デザイナーとしてイベントやポスターにも顔を出している。但し後述の通り三宅本人により実際の経営に三宅がかかわっていないことが話されている。後年になって、中国のファッション雑貨販売店・「哎呀呀」の代表でもあった[2]葉国富が「グローバル共同創始者」として名を連ねるようになった。

「100%日本品質」マーケティング[編集]

かつては店内の至る箇所に「100%日本品質・日本品牌(「日本ブランド」の意)」の掲示がされており、日本発であることや日本産であることを前面に押し出したマーケティングを行っていたが、実態と事実が乖離しているということでこれらの掲示は全て外された。

設立者の三宅は日経ビジネスオンラインの取材に対して「メイソウは中国資本、経営も中国で行われていること」「(破綻した日本語について)商品をチェックしたことがないこと」を話している。なお中国語版ウェブサイトでは、「80%以上の商品は日本・韓国・中国・シンガポール・マレーシア他の国で生産された」と記されている。

ダイソーっぽくてユニクロ風味、それでいて無印良品[6]と評されるように、メイソウのブランディングにはこの三社の影響が強く出ていると考えられている。

店舗[編集]

店舗は2017年5月時点で約1800店舗以上を展開していると公表している[7]

日本では2014年に池袋へ初出店を果たし、2018年1月現在は東京都・埼玉県内に5店舗を展開している。

日本国内の店舗
  • 池袋本店
  • 早稲田旗艦店
  • 原宿店
  • 宇田川町店
  • 川越店

北朝鮮進出問題[編集]

2017年春頃、名創優品の店舗が北朝鮮平壌に開設されたことが明らかになった[3]。それに先立ち2017年1月には中国・丹東市で、三宅順也・葉国富両名が朝鮮経済合作委員会の中国丹東事務所首席代表と支店開設に関する調印式を行ったことを自社のウェブサイトに掲載していた。(名目上とはいえ)日本企業が北朝鮮に支店を開設することは、国際連合安全保障理事会決議2321号に反することになり、実際安保理の北朝鮮制裁委員会が調査を行ったことが明らかになっている[8]

これらの事実が報道された後の2017年7月になると、平壌の名創優品は急遽店舗名を「進化」に改めた上、日本人の入店を断るようになったという[9]。また名創優品のウェブサイトからは前掲の調印式の記事だけではなく、名創優品産業の日本の住所までも削除された[8]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b MINISO お客様、関係者の皆様へ
  2. ^ a b c 「山寨式」商法の勝利 謎の生活雑貨ストア「メイソウ」(日経ビジネスオンライン、2014年5月7日)
  3. ^ a b 衝撃!あの人気雑貨屋が平壌に出店していた”. 東洋経済オンライン (2017年6月20日). 2018年2月18日閲覧。
  4. ^ 大炎上「メイソウ」行ってみた、日本・中国から批判殺到のパクリ店。”. narinari.com (2014年4月26日). 2018年2月18日閲覧。
  5. ^ http://miniso.jp/getinfo.php?cid=222&top=1
  6. ^ 【メイソウ】中国の「偽ダイソー」「パクリ無印良品」と呼ばれる雑貨店『メイソウ(名創優品)』が日本旗艦店をオープンさせたので行ってみた(ロケットニュース24、2014年9月26日)
  7. ^ 「中国人だけが知る無印良品のライバル“名創優品” 創業3年で1800店舗、日本人が知らない「日本ブランド」」(Business Insider Japan、2016年5月30日)
  8. ^ a b “「東京に本社」の日用雑貨チェーン、平壌店オープンで国連調査 「ぜいたく品」抵触の恐れ…実質的には中国経営”. 産経新聞. (2018年2月6日). http://www.sankei.com/world/news/180206/wor1802060032-n1.html 2018年2月18日閲覧。 
  9. ^ 平壌の「MINISO」が突如ブランドを変えていた”. 東洋経済オンライン (2017年8月30日). 2018年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]