吉野賛十

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉野 賛十(よしの さんじゅう、1903年明治36年)1月25日 - 1973年昭和48年)10月15日)は日本の小説家。推理小説を多く残し、代表作に「鼻」などがある。別名義に東 一郎(あずま いちろう)。本名は永田東一郎。童話作家の日野多香子は娘。

経歴[編集]

東京府(現・東京都)出身。早稲田大学商学部を卒業後、北川冬彦主催の「麺麭」の同人となり、東一郎名義で純文学を発表するようになる。この頃の作品に、短編集『彼の小説の世界』など。

太平洋戦争後、木々高太郎に出会ったことをきっかけに、千葉県立千葉盲学校に勤務するかたわら吉野賛十名義で推理小説を発表するようになる。この頃の作品には、盲人を話の中心に据えたものが多い。なお、ペンネームの由来は、この頃台東区吉野町30番地に住んでいたことによる。木々の死後は推理小説界からは離れた。

1973年(昭和48年)10月15日に死去。70歳。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鮎川哲也『幻の探偵作家を求めて』晶文社 1985年