吉道勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「Tsuchiyoshi.svg道勇」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

吉道 勇(よしみち いさむ、1927年2月4日 - )は、日本の元政治家。大阪府後期高齢者医療広域連合連合長。

大阪府貝塚市議会議員を経て、1970年に貝塚市長に就任。その後、10期40年の長きにわたり市長を務め、2010年1月に退任、政界を引退した。

「吉」の正確な表記は「Tsuchiyoshi.svg」(「土」の下に「口」、つちよし)である[1]

来歴[編集]

貝塚市の市議会議員を務めていた1970年2月、市議を辞職して日本社会党の推薦で貝塚市長選挙に出馬し、初当選する。その後、市議会で日本共産党を含むオール与党体制を確立する。

2002年1月の市長選では8期32年の実績を強調し、高齢・多選のマイナスイメージをはね返して9選を果たす。9選のうち5回は無投票当選だった。

2006年1月の市長選では10期目を吉道市政の総仕上げに位置づけ、市議会の全5会派及び全市議会議員の推薦を受けて出馬し、全国最多の10選を果たした。

2009年12月、翌年1月の市長選挙には出馬せず、引退する意向を正式に表明。市長選挙の結果、副市長の一人であった藤原龍男が当選し、10期40年に及ぶ吉道市政は幕を閉じた。

主な経歴[編集]

  • 泉州市・町関西国際空港対策協議会会長
  • 社団法人大阪府国民健康保険連合会理事長
  • 社団法人国民健康保険中央会理事
  • 近畿市長会会長
  • 財団法人平安建都千二百年記念協会参与

脚注[編集]

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
[ヘルプ]
  1. ^ Unicodeでは U+20BB7、「𠮷」。