吉良俊則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉良 俊則
OB-Toshinori-Kira.jpg
オリックス二軍(サーパス)時代
(2008年9月27日 阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県臼杵市
生年月日 (1986-01-01) 1986年1月1日(31歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉良 俊則(きら としのり、1986年1月1日 - )は、大分県臼杵市出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校野球の強豪校である柳ヶ浦高等学校に入学。高校野球通算54本塁打を記録。2002年2003年全国高等学校野球選手権大会に大分県代表で出場したほか、3年時の2003年には主将を務めた。

2003年のドラフト会議で、大阪近鉄バファローズから2巡目で指名。契約金6,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した。

プロ入り後[編集]

2004年には、かねてから状態が思わしくなかった左肘を手術。一軍昇格の機会はなく、ウエスタン・リーグ公式戦での成績も、打率.250(12打数3安打)、1盗塁にとどまった。シーズン終了後には、近鉄がオリックス・ブルーウェーブと合併したため、分配ドラフトを経てオリックス・バファローズに移籍。近鉄への在籍は1シーズンだけに終わった。

2005年には、左肘のリハビリなどの影響で、一・二軍とも試合出場の機会がなかった。

2006年には、外野手登録ながら、一塁手指名打者を中心にウエスタン・リーグ公式戦65試合に出場。プロ初本塁打を放ったほか、打率.265、14打点、1盗塁を記録した。

2007年には、前年と同様の起用法によって、ウエスタン・リーグ公式戦69試合に出場。打率.224、2本塁打、15打点、4盗塁という成績を残した。

2008年には、主に指名打者として、ウエスタン・リーグ公式戦61試合に出場。同リーグ選抜の一員として出場したフレッシュオールスターゲームでは、本塁打を放ったことで優秀選手賞を受賞した。しかし、10月3日に球団から戦力外通告を受けたことを機に退団。11月開催の12球団合同トライアウトに参加したが、どの球団からも獲得のオファーがなかったことから、一軍の公式戦へ出場できないまま現役を引退した。

現役引退後[編集]

トレーナーを養成する専門学校への進学[1]を経て、柔道整復師の国家試験に合格。卒業後の2011年から、2012年までは接骨院に勤務していた[2]

2013年には、以上の経歴を買われて、古巣であるオリックス・バファローズのトレーナー(コンディショニング担当)へ就任[3]。同年1月の新人合同自主トレーニングから新人・若手選手を指導したほか、馬原孝浩のストレッチ[2]や、金子千尋西野真弘リハビリなども担当した[4]

2015年限りで、オリックスを再び退団。2016年からは、福岡県筑紫野市内で「Kira接骨院」を開業している[4]

人物[編集]

  • 2003年のドラフト会議までは、西武ライオンズ福岡ダイエーホークスへの入団を希望していた。しかし、近鉄からの指名を受けて態度を一転。「(西武とダイエーに行けないことに)未練はありません」と語った。
  • 「Kira接骨院」を開業直後の2016年1月12日には、福岡県北九州市にあるJR九州硬式野球部のグラウンドで、小松聖白仁田寛和佐野皓大(いずれもオリックス・バファローズ投手)と合同自主トレーニングを実施。その帰路に、住宅街の路上で自力で動けずにうずくまっていた96歳の女性を4人で救助した。女性は股関節付近を骨折していたが、救助後に病院で緊急手術を受けたため、生命に別状はなかった[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 39 (2004年)
  • 63 (2005年 - 2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]