吉羽美華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉羽 美華
よしば みか
生年月日 (1980-07-26) 1980年7月26日(42歳)

寝屋川市議会議員
当選回数 3回
在任期間 2007年 - 2012年
2019年 - 現職
テンプレートを表示

吉羽 美華(よしば みか、1980年7月26日 - )は、日本政治家寝屋川市議会議員(3期)。

1987年4月、寝屋川市立木屋小学校入学。1993年4月、金蘭千里中学校入学。1996年4月、金蘭千里高等学校入学。1999年4月、関西学院大学経済学部入学。2005年3月、関西学院大学を卒業し、スポーツクラブのインストラクターや栄養管理指導者などの経験を経て政党支部職員に着任。2006年3月、政党が主催する政治スクール第一期生。2007年4月、寝屋川市議会議員選挙に立候補し、2位で初当選。

略歴[編集]

逮捕[編集]

2022年8月2日に新型コロナウイルスで業績が悪化した福祉施設などへの公的融資制度を巡る詐欺容疑により逮捕された[2][3]2020年7月-12月に福祉医療機構の融資制度を巡り、堺市の福祉施設に「融資金の半額を支払えば、返済不要になる」などと嘘の説明を行い、1億2千万円の融資を受けさせ、仲介手数料の名目で現金約6千万円を詐取した疑いで逮捕となったという[2][3]。共犯のメンバーとは別のグループを複数作り、現金を詐取する事件を繰り返していた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かったとされており、県警は吉羽が議員の立場を利用し、主体的に犯行に関与したして調査を開始した[2][3]。吉羽は別の容疑者 Aに協力する形でグループに加わり、市議の名刺を示して医療機関などを信用させる役割を担っており、その後に自ら別のグループを結成し、知人の紹介で知り合ったブローカーを介し、経営が苦しい医療機関などに嘘の融資話を持ちかけるようになったという[2][3]

両容疑者は金銭の分配を巡ってトラブルになっていたとされ、2021年2月-3月頃に容疑者 Aが「(吉羽らに)1億数千万円を盗まれた」と福岡中央署に相談し、県警が窃盗事件として捜査を進める中、両容疑者らが医療機構の融資制度仲介を装い、手数料名目で福祉施設や医療機関から多額の現金を詐取していた疑いが浮上したことで事件発覚へと繋がった[2][3]。吉羽は福岡県や大阪府などで十数件の同様行為を繰り返し、計十数億円を受け取っていたと報道された[2][3]

条例の改正

会派の代表者が8月1日に集会し「議員が逮捕など身柄拘束された場合の報酬の一時差し止め」で条例改正することで合意。広瀬慶輔市長にも臨時会招集を求めた。

寝屋川市議会は2022年8月8日に臨時会を開き、「議員が逮捕された場合などに報酬を差し止めるようにする条例」改正案を審議。[4]

議会活動[編集]

主に自民党議員らでつくる最大会派「ねやがわ未来議員団」に所属。

  • 会派 - 寝屋川市議会
    • 2022年5月から議会欠席

出版物[編集]

  • 写真集『よしばフォトブック』 2009年

エピソード[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]