吉祥文様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉祥文様(きっしょうもんよう)とは、縁起がいいとされる動植物や物品などを描いた図柄を言い、特に中国文化圏を中心としたアジアで広く愛されるものが多い。(参照:瑞獣瑞鳥

多くは晴れ着や慶事の宴会などの調度品などにあしらわれ、普段使いの品物にもよく見られるが凶事には使われない。

国によって違いがあり、たとえば中国の代表的な吉祥文様の蝙蝠ヨーロッパでは不吉なイメージが強い。

吉祥文様いろいろ[編集]

長寿[編集]

  • 丹頂鶴蓑亀(日本):「鶴は千年、亀は万年」といわれ代表的な日本の吉祥文様。鶴は単独でもよく使われる。夫婦睦まじい老境の象徴。
  • 松竹梅(日本):中国の歳寒三友に由来するが日本では吉祥文様として普及。三つのうち一つか二つのみでも用いられる。

富貴[編集]

  • 七宝(中国・日本):「七宝」とは仏教典に載る「七つの宝」で富貴を表し、かつ無限に連鎖する金輪の交叉から成る文様のため、「無限の子孫繁栄」などを表す。家紋・屏風の裏紙の模様などに用いられた。
  • 蝙蝠(中国・台湾):福と蝠が同音であることから。非常にポピュラー。
  • 打ち出の小槌(日本):民話に登場する魔法の道具。富の神大黒天持物でもある。

多産[編集]

  • 石榴(古代ペルシア・中国):種が多いことから多産の象徴とされた。マイセンの中国陶器を移した「ブルーオニオン」は本来石榴の絵である。

夫婦円満[編集]

  • 鴛鴦(中国・韓国・日本):オシドリは見た目も美しく、番で生活することから婚礼にまつわる贈答品などによく扱われる。
  • 貝桶(日本):ばらばらにした貝殻の中から一対の貝を当てるゲーム「貝合わせ」の道具。大名の嫁入り道具でもある。

発展[編集]

  • (日本):先端が広がった形から将来の展望が広いことをあらわす。
  • (中国・日本・台湾):「鯉が試練を超えて竜に変身する」という中国の伝説から立身出世の象徴となった。

栄光[編集]

  • (中国・台湾):昔、五本指の龍は皇帝のみ使える紋章であった。天に昇るイメージから発展の象徴にもなる。
  • 月桂樹(古代ローマ・西欧全域):音楽やスポーツに秀でる人に与えられる月桂冠から。

健康[編集]

  • 麻の葉(日本):麻が生命力が強い草であることから、産着を麻の葉文様にし幼児の健康を祈った。

特記事項[編集]

  • 他の文化圏では不吉なイメージの強い蝙蝠だが、中国では中国語で「蝙蝠」 (biānfú) の音が「福が偏り来る」を意味する「偏福」 (piānfú) に通じるため、福を招くとされるポピュラーな吉祥文様である
  • 日本では鶴とあわせて長寿をあらわす吉祥文様の代表格だが、現代の中国ではマイナスイメージが強い。
  • は中国文化圏では立身出世を表す吉祥文様だが、西ヨーロッパでは貪欲なイメージが強い。