吉田正 (写真家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 正(よしだ せい、1953年3月16日 -)は、山口県山口市出身の写真家日本広告写真家協会会員。日本写真芸術学会会員。

経歴[編集]

山口県立山口高等学校卒。大阪芸術大学写真学科卒業後、大日本印刷(株)CDC(クリエイティブ・デザイン・センター)写真部に入社、コマーシャルフォトグラファーとして10年勤務の後に独立する。学生時代にアメリカ南部(セントルイスニューオーリンズなど)を撮影したモノクロの心象風景が彼の写真作品の原点となり、国内外の日常的なシーンを題材に静謐で情緒的な世界を展開し、スタイリッシュなモノトーンの作品として評されている。また、詩人中原中也とは縁戚関係にあり、詩と写真のコラボレーション作品も発表している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]