吉田栄勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 栄勝
個人情報
フルネーム よしだ えいかつ
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1952-03-22) 1952年3月22日
青森県八戸市
死去 (2014-03-11) 2014年3月11日(61歳没)
三重県津市
スポーツ
競技 レスリング
引退 1977年

吉田 栄勝(よしだ えいかつ、1952年3月22日 - 2014年3月11日)は、日本レスリング選手。レスリング指導者。吉田沙保里の父。

人物[編集]

1952年3月22日青森県八戸市出身。

父親の甫は戦中にビルマ戦線に配属され病に倒れるが現地の少女に助けられる。その少女の名前を取り「勝栄(かつえ)」と名付けようとする。出生届を長男(栄勝の兄)に出させるが長男はこの名前が女のようだと納得がいかず無断で「栄勝」と並びを逆転させて届けてしまった。(その後、生まれた長女に「佳都恵」と名付ける)。

八戸電波工業高等学校(現在の八戸工業大学第一高等学校)時代にレスリングと出会う[1]

専修大学経済学部に入学後は男子フリースタイル57㎏級選手として1973年の全日本レスリング選手権男子フリースタイル57㎏優勝。同年にテヘランイラン)で開催されたレスリング世界選手権及びウランバートルモンゴル)で開催されたレスリングアジア選手権に男子フリースタイル57㎏日本代表として出場。アジア選手権では銀メダルを獲得している[2]。また大学対抗団体戦の全日本学生王座戦では専修大学のメンバーとして日本大学を決勝で下して優勝するなど、伊藤良和吉田光雄らと共に専修大学黄金時代の立役者の一人でもあった。

吉田栄勝と同じクラスの好敵手には荒井政雄佐々木禎山路明などがいた。1976年のモントリオールオリンピック代表切符を賭けて好敵手と鎬を削るも、オリンピック代表選考会で敗れたため、代表切符を手にすることはできなかった。

大学卒業後に三重県へ職員として就職する一方で、一志郡一志町(現・津市)に構えた自宅に、『一志ジュニア』の看板を掲げたジュニア向けレスリング道場を開き、自身の3人の子息を含め、多くの子供たちを指導。

2009年にレスリング女子日本代表コーチに就任、2010年アジア選手権では女子チーム監督を務め、2012年のロンドンオリンピックでは女子代表チームコーチを務めた。

2014年3月11日午前7時15分頃、三重県津市伊勢自動車道の路肩に停車した自動車の中でぐったりしている所を発見され、病院に搬送されたが死亡が確認された。死因はクモ膜下出血とされる[3]。61歳没。

レスリングスタイル[編集]

現役時代の吉田栄勝は、強靭な足腰を武器としてディフェンスを固めてカウンター戦法で相手のスキを突いてポイントを取るタイプであったという[1][4]

しかし前述のモントリオールオリンピック代表選考会にて自らのカウンター戦法が相手に通じずに敗れ、オリンピック代表を逸したことから、吉田は指導者となって以後、タックルを中心とした攻撃型レスリングを教え込むことを主眼としていた[4]。そのためか、自分が指導した選手が試合に勝っても、試合内容を重視し、その選手が攻撃性や闘志に欠ける闘いぶりを見せた時には雷を落とすこともしばしばだったという[4]

現役時代の戦績[編集]

いずれも男子フリースタイル57㎏級

その他[編集]

NHKの『ファミリーヒストリー』によると、父の甫(吉田沙保里の祖父)は兵庫県淡路島出身である[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 父娘でつかんだ栄光 ニュース専修2004年10月号11面
  2. ^ 1973年大会記録 (PDF) 日本レスリング協会データベース
  3. ^ レスリング:吉田選手の父親急死 くも膜下出血で 毎日新聞 2014年3月11日
  4. ^ a b c 吉田沙保里の兄・栄利さん、“五輪チャンピオン製造工場”を語る レスリングニュース 2008年10月31日 - 日本レスリング協会
  5. ^ ファミリーヒストリー「吉田沙保里~夢を諦めなかった父 受け継がれるタックル~」

関連項目[編集]

  • 長州力 - プロレスラー、専修大学の先輩

外部リンク[編集]