吉田敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 敏雄(よしだ としお、1945年- )は、日本の法学者北海学園大学名誉教授法学博士北海道大学、1987年)(学位論文「行刑の理論」)。北海道札幌市出身

略歴

  • 1969年 北海道大学法学部卒業
  • 1971年 北海道大学大学院法学研究科修士課程修了
  • 1975年 北海学園大学法学部講師(担当、刑法)
  • 1977年 北海学園大学法学部助教授(担当、刑法)
  • 1985年 北海学園大学法学部教授(担当、刑法)
  • 2002年 北海学園大学大学院法学研究科長(2006年3月まで)
  • 2005年 北海学園大学大学院法務研究科教授(兼担、刑事政策
  • 2016年 北海学園大学定年退職 同名誉教授 同大学院法学研究科非常勤講師

研究内容

専門は刑法犯罪学だが、個人研究として社会心理学法社会学ほか。特に被害者保護と犯罪者の援護(再チャレンジ)を視野に入れた刑法理論の再構築や生命倫理と刑法の関係を研究。

学説

吉田は、ドイツ刑法学に基づいて、人権保護・人権尊重の観点から自説を展開している為、拐取罪保護法益未成年者拐取罪に限定する人的保護関係説など少数説・1人説を唱えていることが多く、徹底した人権主義に立脚しているといえる。

受賞歴

  • 2003年 新犯罪学会(ミュンヘン)の論文発表によりドイツにてベッカリーア賞(銀賞)を受賞
  • 2007年 全国犯罪・非行協議会より菊田クリミノロジー賞を受賞

主な業績

単著
  • 『行刑の理論』(慶應義塾大学出版会、1987年)
  • 『法的平和の恢復』(成文堂、2005年)
  • 『刑法理論の基礎』(成文堂、2005年初版・2013年第3版)
  • 『犯罪司法における修復的正義』(成文堂、2006年)
  • 『不真正不作為犯の体系と構造―刑法理論の基礎2』(成文堂、2010年)
  • 『未遂犯と中止犯―刑法理論の基礎3』(成文堂、2014年)
  • 『懲罰社会と刑法―刑法理論の基礎4』(成文堂、2014年)
共著・編著
監訳論文など
  • 『「行刑法草案への提言」について ミュラ-・ディ-ツ,ユング草案』(法学研究 11巻3号、1976年)
  • ユルゲン・バウマン著/吉田訳『刑法における弁償』(法学研究 28巻2号 1992年(上)/28巻3号 1993年(中)/29巻1号 1993年(下))
  • モース・ラインハルト著/吉田訳『オーストリア刑法における責任概念』(法学研究 33巻1号、1997年)
  • 『ヒト胚性肝細胞研究の法的許容性と限界』(法学研究 38巻1号、2002年)
  • ヴォルフ・トーマス著/吉田訳『ドイツ刑法における行状監督』(北海学園大学法学研究 41巻4号、2006年)
  • 『刑事手続きにおける被害者の参加形態 : ドイツ、オーストリアの法制度』(北海学園大学法学研究 43巻1号、2007年)
  • 『免責緊急避難』(法学研究 49巻1号、2013年)

この他、多くの監訳の論文を手掛けている。

外部リンク

先代:
小林資郎
北海学園大学大学院法学研究科長
第8代:2002年 - 2006年
次代:
小宮文人