吉田恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 恒雄(よしだ つねお、1949年[1] - )は、日本法学者駿河台大学教授。学長(第7代)。親族法相続法が専門である[2]

早稲田大学非常勤講師、明星大学教授等を経て、駿河台大学教授。駿河台大学では、法学部長・副学長を経て 学長(第7代)を務めた。

認定特定非営利活動法人児童虐待防止ネットワーク理事長。

人物・来歴[編集]

学歴[編集]

  • 早稲田大学法学部 : 1968年4月 - 1972年3月
  • 早稲田大学大学院法学研究科 : 1972年4月 - 1974年3月
  • 早稲田大学大学院法学研究科 博士後期課程 民事法学専攻 : 1976年4月 - 1980年3月

職歴[編集]

  • 駿河台大学法学部教授 : 1994年4月 -
  • 駿河台大学学長(第7代) : 2015年4月 - 2019年3月

主な著書[編集]

主な活動[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

先代:
川村正幸
駿河台大学学長
第7代:2015年 - 2019年
次代:
大森一宏