吉田彦太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 彦太郎(よしだ ひこたろう、1913年 - 1971年1月16日)は戦時中の『やまと新聞』の副社長(社長は児玉誉士夫)、戦後野依秀市創刊の帝都日日新聞(のちに『やまと新聞』に改題)の社長(相談役は児玉誉士夫[1]。戦後、吉田裕彦に改名。福岡県出身。

エピソード[編集]

戦前の上海時代は児玉機関のナンバー2と呼ばれ、長らく児玉誉士夫の片腕を務めた。戦後も盛んに活動を行っており、1951年頃にはキャノン機関に出入りしていたことが確認されている[2]。児玉がA級戦犯容疑で巣鴨拘置所に拘留された後、元海軍の軍人などを約100人を集めて緑産業株式会社を設立した。本社は銀座の緑ビル[3]。跡地には本州製紙の本社が建った。

家族・親族[編集]

辻嘉六事件の国会答弁をひも解いて、辻嘉六の内縁の子だったのではないかということも指摘されている。[4]

出演[編集]

  • 映画「あゝ決戦航空隊」[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『やまと新聞』原紙 第8051号(昭和46年1月19日)
  2. ^ 児玉機関のナンバー2 キャノン機関に出入り『朝日新聞』1976年(昭和51年)4月4日朝刊、13版、19面
  3. ^ 児玉誉士夫とは何者であったか
  4. ^ 辻嘉六事件
  5. ^ あゝ決戦航空隊

関連項目[編集]