吉田勝利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 勝利(よしだ かつとし、1970年2月16日 - )は、日本の実業家岐阜県岐阜市出身。

株式会社アラビア産業代表取締役社長、株式会社岐阜フットボールクラブ(FC岐阜)前取締役 愛知学院大学短期大学部卒。血液型はA型

日本中央競馬会地方競馬の馬主資格を持つ(勝負服は緑,黄縦縞,黄袖赤一本輪)。

来歴[編集]

1970年(昭和45年)岐阜市に生まれる。 岐阜市立加納西小学校(5年生3学期からは岐阜市立木之本小学校)出身。加納西小学校では、元Jリーガー森山泰行と同級生で、同じ町内に住んでいた。

1994年(平成6年)名古屋グランパスエイトのサポーター組織、グランパスエイト・サポーターズ・アソシエーション(グランパスSA)を設立、代表就任(2001年1月まで)

1996年(平成8年)岐阜市外岐南町で『DDIポケットSHOP』を開設し通信機器販売事業をスタート、以降併売店を『タックマン』の屋号で展開した。

2000年(平成12年)株式会社アラビア産業 設立 代表取締役就任

2003年(平成15年)人材派遣会社 (株)AIリクエスト設立 代表取締役就任(2007年まで)

2005年(平成17年)FC岐阜法人設立準備室 室長(法人設立時解散)

2006年(平成18年)社団法人岐阜県馬主会 理事就任(2012年4月まで)

2006年(平成18年)(株)岐阜フットボールクラブ 取締役就任(2012年4月まで)

2012年(平成24年)社団法人岐阜県馬主会 常任理事就任

2012年(平成24年10月)(株)岐阜フットボールクラブ アドバイザー就任

人物[編集]

趣味・嗜好[編集]

スポーツ観戦が好きで野球、サッカー、ラグビー、バレーボールと球技全般の観戦を好む。 幼年期の頃からナゴヤ球場に岐阜から通い、中学2年(1984年)に私設応援団『ドラゴンズ愛好会』に入会。

ここ一番の時にはベージュ色のスーツを身にまとう。2006年に開催されたFC岐阜の試合で勝負スーツを着用した場合の勝率は高く[要出典]サポーターからは、「ベージュのオサーン」または「ベージュのオッサン」と呼ばれていた[要出典]

高校卒業後、笠松競馬場に通うようになり、馬主たちと交流を深め、競馬(馬主業)や事業などを教わる。 その馬主の一人に『オグリキャップ』の小栗孝一氏もいた[要出典]


結婚[編集]

2013年秋に一般女性と入籍。2014年3月22日、岐阜グランドホテルにてスポーツ、政財界関係者、自身が主宰を務める経営塾「吉田組」メンバーら、およそ250人の招待客を前に披露宴を挙げた。

エピソード[編集]

襟付き学生服を着たくないとの理由で、当時では珍しいブレザーを制服とする岐阜教育大学付属高等学校(現:岐阜聖徳学園大学附属高等学校)に通っていたが、実は太りすぎで襟付き学生服が着られなかったことが本人により明かされている[要出典]

2003年頃から笠松競馬場を存続させるために、ドコモ東海岐阜支店と共同で携帯電話を使ったレース中継をいちはやく導入したり、ナイター競馬開催に向けて関係各位に働きかけていたが、笠松競馬場側が一向に動かなかったため[要出典]、以降は岐阜にJリーグクラブを作ることに関心を抱いている[要出典]


出演メディア[編集]

名古屋テレビ メ〜テレ50周年特別番組「名古屋行き最終列車」

ZIP-FM HERE WE GO

NHKのど自慢

岐阜ラジオ ナイトスクランブル1431 金曜日 『吉田勝利コーナー』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]