吉田勘兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 勘兵衛 良信(よしだ かんべえよしのぶ、慶長16年(1611年) - 貞享3年7月26日1686年9月13日))は、江戸時代前期の材木商である。吉田新田を開墾したことで知られている。諱は良信。高島嘉右衛門苅部清兵衛らとともに横浜三名士といわれる。大正13年(1924年)春、贈従五位

略歴[編集]

慶長16年(1611年)に摂津国能勢で戦国大名波多野秀治の一族・数掛山城主の波多野秀親の孫として、京都亀岡の本梅(ほんめ)にて出生、その後間もなく摂津国能勢吉野(現・大阪府豊能郡能勢町吉野)に移住(移動距離は数キロメートル)。清和源氏範頼系。 織田信長の家臣・明智光秀に波多野秀治が攻められた際に数掛山城も落城し、勘兵衛の父・波多野宗春は能勢吉野に逃れた。元和7年(1621年)春、父・宗春とその妻(勘兵衛の母)が相次いで病死し、勘兵衛良信は11歳にして孤児となったが、吉野・倉垣を治めていた能勢頼次の次男・能勢頼隆の家臣で倉垣の代官嘉村の西田家(本家は吉良家)が主君の父・能勢頼次の従兄弟にあたる勘兵衛良信を引き取った。その庇護の下、勘兵衛は摂津国能勢歌垣山田株にて姓を波多野姓から山田姓・西田姓へと替え、西田芦衛門重次と名乗り隠棲。江戸での商売に憧れ、血縁関係のある能勢領主・能勢頼次(波多野秀親の娘が妻)に従って江戸に移り吉田勘兵衛と名乗り、日本橋本材木町4町目に住まいし、木材と石材の店をはじめる。火事が多い江戸では商売が繁盛し、やがては大奥総取締となる能勢頼次の娘・近江局老中・安藤氏らの後ろ盾を得て幕府御用達となり、江戸城の修理も行った。

新田開拓に関しては、初め隅田川沿いの湿地帯、千住中村の音無川流域の湿原(現在の南千住付近)を干拓し、勘兵衛は木材・石材の販売だけでなく農業経営にも人並みすぐれた才を見せ、南千住に開いた新田からは数年のうちに700〜800石の収穫を上げるに至ったが、江戸幕府から社の建立を許可される1000石には届かなかった。そこで埋め立てに適した横濱の入海に目をつけ、明暦2年(1656年)に幕府の許可を得て新田の開発に着手。数々の苦労があったが完成し、彼の功績を称えて吉田新田と名付けられた。4代将軍徳川家綱から苗字帯刀を許された。彼の子孫は代々この新田に住み続けることとなる。また、江戸の木材・石材商の店は勘兵衛の長男・良太郎(吉田南家)が継ぎ、その後、起立人として札差業を営むなど隆盛を誇ったが、やがて番頭(吉田屋)に店を譲渡し、子孫も横濱の地へ移住した。なお、吉田南家からは、初の国産自動車「吉田式」の製作者で日本自動車殿堂入りした吉田真太郎、明治四十年発行の『京浜実業家名鑑』で「東洋のレセップス」と称賛された実業家・吉田寅松を輩出している。

貞享3年(1686年)7月26日、病気のため自宅で死去。法名は運千院殿常清日凉大居士。辞世の歌は「妙なるや法の蓮の華の香を しばしとどめて浮世経にけり」。この歌にも法蓮華経という法句が詠み込んであり、勘兵衛の宗教心がいかに深かったかということが窺える。今その偉業を讃仰する人々の参詣を得て大発展を遂げた横浜の地を眺めつつ、久保山の地に静かに眠っている。

現在も子孫が横浜市中区長者町にて不動産会社・吉田興産株式会社を経営している。

関連項目[編集]

  • 吉田新田
  • 運千山真養寺 - 久遠寺二十九世日莚にかつて干拓した千住中村の地に一宇を創建して寄進する旨を申し出て快諾を得て、下山すると直ちに諸堂宇を建立した。日莚は自性院日身を送って開山とし、運千山自性寺と号した。自性寺は元禄元年(1688年)下谷真養寺を本山の名によって自性寺に移して合寺し運千山真養寺と号した。この寺は勘兵衛が本堂、鬼子母神堂、書院などを譜代旗本山本正吉(400石)が稲荷堂と門を建立寄進、安藤重元を勘請開基としている。吉田勘兵衛の長男・良太郎(延宝3年6月17日没 秋性院良意日覚)をはじめ吉田南家の墓が数基、同寺墓地の北の端に並んでいる。
  • 栄玉山常清寺 - 長者町八丁目(元八丁縄手)に建てられたこの寺は日蓮宗身延山久遠寺の末寺で、本尊は釈迦多宝及び日蓮である。寺もまた寛文7年(1667年)に吉田新田の埋立開墾事業が竣工し、寛文13年(1673年)に山王大権現を勧請奉祀した同じ心持にて新田守護諸霊供養のため、さきに請じて江戸の南千住に建立した自性寺の自性院日身(元禄2年(1689年)10月19日)を新田の地に招じ、延宝4年(1676年)その建立した身延山の末寺として時の同山貫主一圓院日脱は寺に栄玉山常清寺と命名された。山号の栄玉は勘兵衛の父・波多野宗春の法名、春清院栄玉日昌にちなみ、寺名は勘兵衛の法名、運千院常清日凉からとったものである。
  • お三の宮日枝神社 - 万治2年(1659年)2月、新田開墾の鍬初めを行った勘兵衛が新田の永遠の安寧繁栄を祈るため守護神として山王権現奉祀を思い立ったのは、江戸本材木町の居住地の鎮守であり、且つ出身地摂津国能勢歌垣の氏神でもあって、幼時から尊崇していた山王権現の鎮座を願ったものである。寛文7年(1667年)に新田埋立開墾の事業が完成し、寛文9年(1669年)4月将軍家綱から改めて吉田新田の名称を公認され勘兵衛は苗字帯刀を許されたので、寛文13年(1673年)9月に新田七つ目(山王町)に山王権現の社殿を創設した。それが今の日枝神社、通称おさんの宮であって大横浜開発の最初の最も意味深き事蹟である。毎年9月の敬老の日の週末には、盛大な例大祭が執り行われている。