吉田健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 健治(よしだ けんじ、1954年 - )は日本工学博士。元法政大学情報科学部教授、現電気通信大学教授でありアントレプレナー福井県出身。


略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1990年 国土庁近畿イメージアップCGコンクール優秀賞受賞「海に浮かぶリゾートアイランド」
  • 1994年 ‘94ハイビジョン国際映像祭産業応用部門 最優秀賞受賞「ハイビジョンバーチャルミュージアム”プラド美術館”」
  • 1996年 ‘96ジャパンエキスポ大賞展示映像部門 最優秀賞受賞「世界・炎の博覧会”スペースシップ・サガ”」
  • 1996年 マルチメディアコンテンツ振興協会マルチメディアグランプリ ‘96ビジネス賞受賞「SONY DIGITAL DINOSAURS」
  • 2009年 東京都ベンチャー技術大賞2009 奨励賞受賞「デジタル情報の透かし印刷Grid Onput」
  • 2012年 経済産業省第4回ものづくり日本大賞 優秀賞受賞「デジタル情報の透かし印刷・見えないドットコードGrid Onput」
  • 2012年 平成24年度東京都トライアル発注認定制度 認定「見えないドットコードを読み取る万能型スキャナーペンG-Talk」
  • 2012年 公益社団法人発明協会主催 平成24年度関東地方発明表彰 文部科学大臣発明奨励賞受賞「見えないドットコードによる自動認識技術」
  • 2013年 公益社団法人発明協会主催 平成25年度全国発明表彰 発明賞受賞「見えないドットコードによる自動認識技術」
  • 2013年 Ernst & Young Entrepreneur Of The Year 2013 Japan にてセミファイナリストに選出

著作[編集]

書籍[編集]

  • 『デジタルの仕事―デジタルハリウッドの挑戦』杉山知之,吉田健治 ニューメディア 1997年 ISBN 978-4931188150
  • 『新映像産業への挑戦』共著 ニューメディア 1993年 ISBN 978-4931188068

学術雑誌、学報、紀要、研究所報告等[編集]

  • 「裸眼3Dディスプレイとデジタルサイネージへの展開」『月刊ディスプレイ』 46-52頁 テクノタイムズ社 2010年10月
  • 「印刷メディアとデジタルメディアの融合に関する研究/Gリモコン」『月刊自動認識』 73‐77頁 日本工業出版 2009年3月
  • 「印刷メディアとデジタルメディアの融合に関する研究/ペーパータッチパネル」『月刊自動認識』 66‐70頁 日本工業出版 2008年8月
  • 「印刷メディアとデジタルメディアの融合に関する研究/グリッドデジタルマップ」『月刊自動認識』 70‐73頁 日本工業出版 2008年7月
  • 「印刷メディアとデジタルメディアの融合に関する研究/グリッドスクリーンパネル」『月刊自動認識』 66‐69頁 日本工業出版 2008年6月
  • 「印刷メディアとデジタルメディアの融合に関する研究/モバイルGスキャナー」『月刊自動認識』 61‐63頁 日本工業出版 2008年4月
  • 「Drive to Webを容易に実現する新たな自動認識システム」『月刊自動認識』 32‐35頁 日本工業出版 2005年7月
  • 「海洋生物のCGデータベース」『第3回海洋科学体系可視化調査ワーキンググループ研究報告書』 日本科学協会 1999年3月
  • 「海洋生物のCG表現」『第3回海洋科学体系可視化調査ワーキンググループ研究報告書』 日本科学協会 1998年3月
  • 「新映画産業と行政によるインフラ創り」『電子情報通信学会総合大会』 電子情報通信学会 1998年3月
  • 「ライドシステムによる未知の世界体験学習システムの研究」中山隼雄科学技術財団 1994年5月
  • 「景観設計のためのビジュアルシミュレーション技法の基礎的研究-地形モデリングシステムの研究-」日本大学 1992年3月
  • 「景観設計とビジュアルシミュレーション」『グラフィックスとCADの研究会論文集』 情報処理学会 1991年8月
  • 「景観シミュレーションとハイビジョンCG」『映像研究特別論文集』 日本映像協会 1991年6月
  • 「有限要素法による水と構造物の相互作用に関する基礎的研究(その1)Paraxial方程式による2次元波浪逸散境界」『九州大会学術講演梗概集』 日本建築学会 1989年10月
  • 「閉鎖海域内における浮体の耐震安定性に関する研究(その3)2次元及び3次元解析による地震応答特性評価」『近畿大会学術講演梗概集』 日本建築学会 1987年10月
  • 「原子力発電所建屋の地震PAに関する研究」『エネルギー総合工学研究所国内シンポジウム論文集』 エネルギー総合工学研究所 1986年12月
  • 「地盤-建屋-機器連成系大規模モデルの減衰マトリクス作成法について」『東海大学学術講演梗概集』 日本建築学会 1985年10月

他多数


特許[編集]

  • 「情報処理表示システム」特許番号未通知(2012)
  • 「ドットパターンおよびドットパターン形成媒体」特許番号4978916(2012.4)
  • 「ドットパターン」特許番号4899199(2012.1)
  • 「ドットパターンを用いた情報再生装置およびドットパターンを用いた情報入力装置」特許番号4853738(2011.11)
  • 「ストリームドットパターンの形成方法」特許番号4834872(2011.10)
  • 「音声情報再生装置」特許番号4817157(2011.9)
  • 「プログラム、情報処理装置、情報処理システム」特許番号4716453(2011.4)
  • 「中間画像生成方法、中間画像ファイル、中間画像生成装置、立体画像生成方法、立体画像生成装置、裸眼立体画像表示装置、立体画像生成システム」特許番号4712898(2011.4)
  • 「パララックスバリア、裸眼立体ディスプレイ」特許番号4711007(2011.4)
  • 「携帯電話用クレードル、TV電話システム、カラオケシステム、カーナビゲーションシステム、および緊急情報通知システム」特許番号4691741(2011.3)
  • 「情報再生装置及び情報入力装置」特許番号4590005(2010.9)
  • 「映像変換装置、映像出力装置、映像変換システム、映像、記録媒体、映像変換方法」特許番号4478992(2011.3)
  • 「情報再生装置及び情報入力装置」特許番号4465016(2010.2)
  • 「遊技ゲーム機」特許番号4457323(2010.2)
  • 「裸眼立体映像表示装置」特許番号4392520(2009.10)
  • 「複写装置」特許番号4392522(2009.10)
  • 「ドットパターン」特許番号4392521(2009.10)
  • 「GAMプログラム、GAM端末、GAMサーバおよびGAMシステム」特許番号4391572(2009.10)
  • 「パララックスバリア、裸眼立体映像表示装置」特許番号4386299(2009.10)
  • 「裸眼立体映像表示装置」特許番号4386298(2009.10)
  • 「手書き入出力システム、手書き入力シート、情報入力システム、情報入力補助シート」特許番号4385169(2009.10)
  • 「裸眼立体映像表示装置」特許番号4348487(2009.7)
  • 「読取ユニット」特許番号4336838(2009.7)
  • 「ドットパターン」特許番号4336837(2009.7)
  • 「コードパターン」特許番号4308311(2009.5)
  • 「印刷出力制御手段」特許番号4308306(2009.5)
  • 「情報記録のための媒体、情報読み取り装置、情報入力システム」特許番号4300329(2009.5)
  • 「ドットパターン読み取り機能を備えたマウス」特許番号4291405(2009.4)
  • 「放送制御システム」特許番号4291404(2009.4)
  • 「媒体およびディスプレイ上に形成されたドットパターンを読み取ることが可能なリモートコントロール装置」特許番号4275726(2009.3)
  • 「ボイスメールシステム」特許番号4270520(2009.3)
  • 「音声情報記録装置」特許番号4268667(2009.2)
  • 「情報出力装置」特許番号4268659(2009.2)
  • 「音声情報記録装置」特許番号4268641(2009.2)
  • 「画像処理方法」特許番号4253029(2009.1)
  • 「音声認識システム」特許番号4248589(2009.1)
  • 「ドットパターンを含む媒体面の印刷方法および印刷物」特許番号4243644(2009.1)
  • 「キャリブレーション方法および情報入力補助シート」特許番号4243642(2009.1)
  • 「媒体およびディスプレイ上に形成されたドットパターンを読み取ることが可能なリモートコントロール装置」特許番号4243641(2009.1)
  • 「網点を用いたドットパターンの印刷方法および印刷物」特許番号4231948(2008.12)
  • 「媒体上に形成されたアイコン」特許番号4231947(2008.12)
  • 「ドットパターンを印刷形成した媒体面の印刷構造」特許番号4231946(2008.12)
  • 「ドットパターンを利用した機器の入力装置、制御対象機器の受信装置、端末装置およびペーパーコントローラ」特許番号4203525(2008.10)
  • 「情報出力装置」特許番号4203517(2008.10)
  • 「ドットパターンが設けられたカード」特許番号4161326(2008.8)
  • 「カード面の読取・命令実行方法」特許番号4154700(2008.7)
  • 「ドットパターン」特許番号4142683(2008.6)
  • 「投影画像・動画制御システムおよび情報処理表示システム」特許番号4135117(2008.6)
  • 「リモコン」特許番号4135116(2008.6)
  • 「ドットパターン読取ユニット及びこれを備えたマウス」特許番号4135115(2008.6)
  • 「ドットパターン読取ユニット及びこれを備えたマウス」特許番号4135114(2008.6)
  • 「情報入力補助シート、情報入力補助シートを用いた情報処理システムおよび情報入力補助シートを用いた印刷関連情報出力システム」特許番号4129841(2008.5)
  • 「ドットパターンを印刷した媒体」特許番号4088936(2008.3)
  • 「ドットパターンの読取方法」特許番号4088935(2008.3)
  • 「ドットパターンを印刷した媒体」特許番号4088934(2008.3)
  • 「情報処理装置への入力処理システム」特許番号4042066(2007.11)
  • 「情報処理装置への入力処理システム」特許番号4042065(2007.11)
  • 「情報出力装置」特許番号4019114(2007.10)
  • 「ドットパターンを用いた情報入出力方法」特許番号4011605(2007.9)
  • 「ドットパターン読取ユニット及びこれを備えたマウス」特許番号4008952(2007.9)
  • 「ドットパターンが設けられたカード」特許番号3998701(2007.8)
  • 「コンピュータ実行可能なプログラム」特許番号3956026(2007.5)
  • 「ドットパターンを用いた情報再生装置」特許番号3930891(2007.3)
  • 「ドットパターンを用いたセキュリティシステム」特許番号3907694(2007.1)
  • 「情報出力装置」特許番号3879106(2006.11)
  • 「ドットパターンを用いたセキュリティシステム」特許番号3871693(2006.10)
  • 「ドットパターンを用いた情報入出力方法」特許番号3858052(2006.9)
  • 「ドットパターンを用いた情報入出力方法」特許番号3858051(2006.9)
  • 「情報出力装置」特許番号3830956(2006.7)
  • 「ドットパターン」特許番号3771252(2006.2)
  • 「ドットパターンを用いた情報入出力方法」特許番号3766678(2006.2)
  • 「ドットパターンを用いた情報入出力方法」特許番号3706385(2005.8)
  • 「空間マウスを用いた映像化装置」特許番号3257585(2001.12)
  • 「3次元アイコンによる情報表示装置及び方法」特許番号3022069(2000.1)

他、海外特許101件