吉田タキノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 タキノ(よしだ たきの、1917年3月11日 - 2008年1月23日)は、日本児童文学作家。「タキノおっぱ」と慕われた。岩手県宮古市鍬ヶ崎出身。岩手県立宮古高等女学校卒。

2008年1月23日、宮古市内の病院で肺炎のため死去[1]

作品[編集]

  • はまべの歌(1962年、理論社、絵:福田庄助
  • 光のように風のように(1962年、理論社)
  • 桃の木長者(1964年、理論社、絵:田島征三
  • ふるさとの民話(1966年、理論社絵:田島征三)
  • 山と川の接点 続・炎と血の証言(1966年、理論社)
  • ざしきわらし(1970年、理論社、絵:篠原勝之
  • ネコと茶がまのふた
  • なんだべなんだべ
  • 兄と妹たち
  • ふるさとのむかしばなし
  • 裁かれるのはだれか 松山事件
  • 終わりの日に
  • にわとり長者
  • ねずみのすもう
  • 絵にかいたねこ
  • むかでのおつかい
  • トロールの森―窓の会の童話
  • いのししのすもう―月見(1998年、教育画劇、絵:篠崎三朗)
  • 日本むかしむかし(2000年、けやき書房、絵:箕田源二郎

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:吉田タキノさん 90歳 死去=児童文学作家 岩手

外部リンク[編集]