この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

吉田みなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 みなみ
Minami Yoshida
岡山シーガルズ  No.1
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-05-27) 1988年5月27日(30歳)
出身地 大阪府柏原市
ラテン文字 Minami Yoshida
身長 167cm
体重 60kg
血液型 B型
選手情報
所属 岡山シーガルズ
愛称 ミナミ
ポジション LWS
指高 210cm
利き手
スパイク 283cm
ブロック 273cm
テンプレートを表示

吉田 みなみ(よしだ みなみ、女性、1988年5月27日 - )は、日本バレーボール選手である。大阪府柏原市出身。ニックネームはミナミV.LEAGUE Division1の岡山シーガルズに所属[1]

来歴

小学校5年生からバレーボールを始める。中学時代に頭角を現し、大阪府代表に選ばれている。大阪国際滝井高校では、2006年春高バレーにおいて、変則3セッターの一角を務めながら前衛では得点源となる攻守の要として活躍。その後も同年開催された国内外の高校バレーボール競技主要大会にて、優秀な成績を残し、注目を集める。

2006年より内定選手としてチームに登録以来、チーム事情もあって主にリベロのポジションで即戦力としてコンスタントに試合出場を続け、2007-08プレミアリーグではチーム初の決勝ラウンド進出に貢献した。

2010年に全日本B代表に選出されスパイカーとしてアジア大会に出場した。

プレースタイル

高校時代、複数セッターの一角を担った器用さと、それを支えるバレーセンス、それを裏付ける確かな練習量からくるユーティリティ性は出色のもの。クラブチームに進んでからも、様々なポジションで使われる様は大型化の進むバレーボール界にとって、次世代型小型プレーヤーの象徴と言える。

人物・エピソード

  • 滝井高校時代のニックネームはリード。他の人を引っ張っていく(リードする)人であって欲しいという願いをこめて命名されていた。
  • 高校時代の2006年9月に週刊プレイボーイの巻末グラビアに取り上げられたのを始め、チームのポスターや広報活動等でも多く登場する選手である。

所属チーム

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[2]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2006/07 岡山 24 73 11 4 36.4% % 0 0.00 22 0 0.00% 9.1% 304 61.8% 4
2007/08 16 47 2 2 100.0% % 1 0.02 22 0 0.00% 11.4% 156 56.4% 3
2008/09 27 79 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 365 61.1% 0
2009/10 19 34 0 0 0.0% % 0 0.00 38 1 2.63% 10.7% 77 57.1% 1
2010/11 13 27 117 38 32.5% % 1 0.04 63 0 0.00% 6.0% 88 59.1% 39
2011/12 19 41 152 37 24.3% % 2 0.05 75 2 2.67% 9.1% 123 54.5% 41
2012/13 27 36 23 9 39.1% % 0 0.00 37 1 2.70% 10.1% 53 34.0% 10
2013/14 28 27 22 7 31.8% % 0 0.00 6 0 0.00% 12.5% 22 68.2% 7
2014/15 17 16 5 1 20.0% % 0 0.00 10 0 0.00% 10.0% 9 33.3% 1
2015/16 13 18 4 0 0.0% % 0 0.00 2 0 0.00% 12.5% 1 0.0% 0
2016/17 6 12 43 17 39.5% % 0 0.00 11 1 % 13.6% 14 42.9% 18
2017/18 チャレンジリーグIのため、記録を記載せず
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ 選手詳細”. Vリーグ機構. 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018-08-81閲覧。

外部リンク