吉澤裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉澤 裕(よしざわ ゆたか、1951年2月14日 - )は日本の外交官内閣官房内閣審議官中国公使、駐フィジーキリバスツバルナウルバヌアツトンガ特命全権大使を経て、駐南アフリカ共和国特命全権大使。

人物[編集]

東京都出身[1]弁護士の祖父の仕事が狭いと感じ、外交官を志望。武蔵中学校・高等学校を経て[要出典]、1974年東京大学法学部を卒業し外務省入省[1]

1975年から77年まで英語研修(オックスフォード大学)。1984年在インド日本大使館、1985年から同在アメリカ合衆国大使館。

国連局人権難民課長のまま、1991年に内閣官房内閣審議官併任。国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律策定に尽力し、内閣法制局との交渉にあたった[2]

1993年から在ニューヨーク日本国総領事館、1996年から在南アフリカ日本大使館。1998年に在中国日本大使館公使に就任、2004年シカゴ総領事。 2008年フィジー駐箚特命全権大使。キリバス兼ツバル兼ナウル兼バヌアツ兼トンガ駐箚大使兼任。2012年南アフリカ共和国特命全権大使兼駐ナミビア特命全権大使兼駐スワジランド特命全権大使兼駐レソト特命全権大使。

同期入省[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本企業のコミットメントがあれば、道は開ける (上)”. DIAMOND online. ダイヤモンド社 (2015年6月2日). 2018年8月30日閲覧。
  2. ^ 西川伸一「内閣法制局による法案審査過程」

外部リンク[編集]

  • (日本語)吉澤大使挨拶(在南アフリカ共和国日本国大使館ホームページ内)