吉澤純平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉澤 純平(よしざわ じゅんぺい、1985年3月16日 - )は、元ショートトラック選手、現在は競輪選手長野県南佐久郡南牧村出身。

スピードスケート選手として[編集]

南牧村立南牧中学校、山梨学院大学附属高等学校山梨学院大学を経て、とらふぐ亭に所属していた。

2004年

  • ショートトラック世界ジュニア選手権 500m 3位

2007年

2009年

2010年

競輪選手として[編集]

2011年1月14日日本競輪学校第101回生入学試験に合格[1]。同校在校競走成績は21勝を挙げ第4位[2]

卒業後の2012年5月1日日本競輪選手会茨城支部所属の競輪選手として登録され、同じくスケート出身の武田豊樹が師匠となる。7月13日松戸競輪場でデビューし2着、初勝利は翌14日の同場[3]。同年11月21日の宇都宮競輪場でA級チャレンジ3場所連続完全優勝を果たし、A級2班に特別昇級した[4]

2013年ルーキーチャンピオンレース川崎競輪場) で優勝。2014年にはヤンググランプリ2014のメンバーとして選出[5]されていたが、その後落車して負傷し欠場を余儀なくされた[6]

2018年2月第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪四日市競輪場)でGI初決勝進出[7](8着)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]