吉沢秋絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よしざわ あきえ
吉沢 秋絵
プロフィール
別名 吉沢 章江 (本名)
生年月日 1968年10月20日
現年齢 45歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 159 cm / kg
活動
デビュー おニャン子クラブ[[1985年]] -
モデル: テンプレート - カテゴリ

吉沢 秋絵(よしざわ あきえ、1968年10月20日 - )は、日本の元女優歌手である。 埼玉県狭山市出身(生まれは東京都東村山市)。埼玉県立狭山清陵高等学校秋草学園短期大学国文科(現日本文化表現学科)卒業。田辺エージェンシーフォーライフ・レコードに所属していた。

経歴[編集]

  • フジテレビの『夕やけニャンニャン』の「アイドルを探せ スケバン刑事IIスペシャル」に合格し、おニャン子クラブ会員番号25番(在籍:1985年8月30日 - 1986年9月26日(在籍393日))として芸能界入りする。
  • スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の矢島雪乃役で女優デビューする(当初は2代目麻宮サキ役の予定だったが諸事情で南野陽子に変更)。また、『スケバン刑事II』の主題歌、『なぜ?の嵐』で歌手デビューする。
  • しかし、当時の状況にあって、加入後即、ソロデビューさせたことには無理があり、人気、売上とも伸び悩んだ。そこで吉沢の2枚目、3枚目の各シングルのB面には、おニャン子クラブ全員参加の『会員番号の唄』、『新・会員番号の唄』を収録し、売上のテコ入れを図った。その目論見通り、売上は伸びたが、購入者の目的の大半は両「会員番号の唄」であり、「どちらがA面?」と言われた。
  • また、1986年春にはソロイベント『春から秋絵』が催されたが、同時期に催されたおニャン子クラブ本体のコンサート『あぶな~い課外授業』のチケットがプラチナ化したのに対し、閑散とした状況で、本体のコンサート会場に「特設チケット販売コーナー」が設けられた上、「他メンバーのゲスト出演あり」を匂わせて購入を促す策が弄され、シングルのテコ入れ策と合わせ、「変形ジャニーズ商法」とも揶揄された。
  • 1986年9月、おニャン子クラブを卒業。『スケバン刑事II』の撮影で多忙だったことと、学業成績が著しく下降したことで、『夕やけニャンニャン』には在籍期間の半分ほどしか出演していない。
  • その後、『笑っていいとも!』等にレギュラー出演。一度降板するが、間をあけて再度レギュラー復帰する。『笑っていいとも!』で、一度降板したタレントがレギュラー復帰するのはこの吉沢が最初であった。
  • 1991年に引退。引退の翌年にベストアルバムが発売されたため、1992年引退という情報が多いが間違いである。引退後は少女小説の持ち込みをしたことがきっかけで出版関係の仕事などをしていた。1993年、その体験をふまえた著書『神様、ごめんなさい!!』を、本名の吉沢章江名義で出版。他にもサウンドレコパルなどのAV機器雑誌でオーディオ好きという一面も見せていた。

性格・エピソード[編集]

  • 特技は書道。かなりの腕前で、『夕やけニャンニャン』で披露したこともある。
  • 趣味は読書エレクトーン
  • 性格は本人曰く、マイペースでのんびり屋。『夕やけニャンニャン』スタッフ談では、頑固な一面も持っていたという。極度の人見知りだったことも明かしていた。
  • おニャン子クラブ内では、岩井由紀子横田睦美渡辺美奈代山本スーザン久美子と仲が良かった(山本とは、引退後お互い社会人になってからも会っていた)。国生さゆりは「ほとんど話をしたことが無かった」と語っている。
  • 生放送のラジオ番組で『季節はずれの恋』を聴いた斉藤由貴が「これ、レコードですよね?」と思わず発言してしまったエピソードが有るほど、歌唱力は低かった。
  • アイドル好きの女性漫画家・青木光恵は「おニャン子は嫌いだったけど吉沢秋絵ちゃんは好きだった」と書いている。また俳優の浅野忠信も吉沢の大ファンだったと発言している。
  • かなりの偏食家で、好きな食べ物はお菓子カツ丼と公言していた(とりわけカツ丼は大の好物だった)[1]
  • 1996年、中古車情報誌に一般人として登場したことがある(その当時、所有していた車を売却することで)。また、出身短大の大学案内に本名の吉沢章江名義にて写真と共に掲載されたことがある。

作品[編集]

シングル[編集]

  1. なぜ?の嵐(1985年11月1日) -『スケバン刑事II』の主題歌 吉沢秋絵 with おニャン子クラブ
  2. 季節はずれの恋(1986年3月1日) - B面はおニャン子クラブ名義で「会員番号の唄」、『スケバン刑事II』の挿入歌
  3. 鏡の中の私(1986年9月10日) - B面はおニャン子クラブ名義で「新・会員番号の唄」
  4. 流星のマリオネット(1986年12月10日)
  5. シグナルの向こうに(1987年5月13日)
  6. 雨の花火(1987年8月5日)
  7. あなたより素敵な人(1988年5月21日)
  8. マロニエ通り(1988年11月2日) - 曲のエンディングに台詞があり、レコード、カセット、CDのそれをつなぎ合わせると一つの文になる。つなぎ合わせた完全バージョンは後に「Milky Mind」に収録される。

アルバム[編集]

  • 彼女の夏(1986年6月21日)
  • 青い鳥を探して(1987年1月28日)
  • Charming(1987年7月21日)
  • MilkyMind(1988年11月21日)
  • パリへ行きたい(1992年9月18日)
  • 彼女の夏+シングルコレクション(2008年7月16日)
  • Myこれ!Lite 吉沢秋絵(2010年5月19日)

ビデオ[編集]

  • 硝子の少数意見(1987年)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

書籍[編集]

  • 神様、ごめんなさい!!(1993年、本名の吉沢章江名義)

脚注[編集]

  1. ^ 「中西裕の笑劇場 第3回 吉沢秋絵」DUNK 集英社、1986年12月号、143-149項

外部リンク[編集]