吉永正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉永 正義(よしなが まさよし/せいぎ、1925年 - )は、日本の神学者東京府生まれ。東北大学理学部卒、日本ルーテル神学大学卒、立教大学文学部組織神学博士課程、コンコーディア神学大学ベテル神学校に学び、1973年「バルト神学とその特質」で立教大学神学博士。飯能ルーテル教会牧師、日本ルーテル神学大学教授

著書[編集]

  • 『バルト神学とその特質』(新教出版社 1972年)
  • 『神の言葉の神学 バルト神学とその特質』(新教出版社 1988年)
  • 『受肉と聖霊の注ぎ バルト神学とその特質2』(新教出版社 1992年)

翻訳[編集]

  • ウィリアム・アーント『新約の歴史』(コンコーディア社 1964年-1965年)
  • カール・バルト『教会教義学 創造論』(菅円吉共訳 新教出版社 1973年-1974年)
  • バルト『私にみ言葉をください』(井上良雄佐々木悟史共訳 新教出版社 1974年-1975年)
  • カール・バルト『教会教義学 神の言葉』(新教出版社 1975年-1977年)
  • バルト『神論』(新教出版社(教会教義学) 1978年-1983年)
  • バルト『創造論』(新教出版社(教会教義学) 1980年-1985年)
  • バルト『ヨハネによる福音書』(木下量煕共訳 日本基督教団出版局 1986年)
  • バルト『イスカリオテのユダ』(新教出版社(KDセミナーブック) 1997年)
  • 『カール・バルト著作集 4 神学史論文集』(井上良雄、小川圭治共訳 新教出版社 1999年)
  • バルト『キリスト教倫理学総説』(新教出版社 2000年-2005年)

参考[編集]