吉武大地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしたけ だいち
吉武 大地
本名 吉武 大地
生年月日 (1979-02-28) 1979年2月28日(42歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県さいたま市
血液型 B
職業 声楽家バリトン
ジャンル クラシックオペラオペレッタミュージカルクラシカルクロスオーバー
配偶者 小此木まり(2018年1月1日 - 2020年9月30日)
事務所 カンパニーイースト
公式サイト ブラウエライター(吉武大地)オフィシャルページ
主な作品

オペラ
奥様女中
フィガロの結婚
コジ・ファントゥッテ
ラ・ボエーム
トゥーランドット
魔笛
ドン・ジョバンニ


オペレッタ

ウィンザーの陽気な女房たち
メリーウィドウ
河童譚


ミュージカル

李香蘭
アラジンと魔法のランプ
GODSPELL
ハートスートラ
ロザリー
星の王子さま

ひみつの花園[要曖昧さ回避]
テンプレートを表示

吉武 大地(よしたけ だいち、1979年2月28日 - )は、日本歌手バリトン俳優埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身。東京藝術大学音楽学部声楽科・イタリアミラノ音楽院卒業。ヴォーカルグループ「ESCOLTA(エスコルタ)」「ブラウエライター」オペラユニット「THE LEGEND(ザ・レジェンド)」のメンバー。さいたま観光大使佐賀市プロモーション大使のひとり。所属事務所はカンパニーイースト

来歴・人物[編集]

画家の父と歌手の母のもと、幼少より芸術に触れる。3歳からピアノを習い子供ミュージカルに出演するなどするが、その後はスポーツ(テニス・水泳・野球・サッカーなど)に没頭する。

高校3年の夏、国立競技場で三大テノール[誰?]来日公演を聞き、声の素晴らしさ、歌うことの素晴らしさに感銘を受け、声楽家を志すこととなる。高校卒業後2年のブランクを経て、東京藝術大学に入学し声楽を学ぶ。大学卒業後はオペラの本場イタリア・ミラノに約1年半留学。

帰国後、男性ボーカルグループ「ESCOLTA(エスコルタ)」に加入。グループでの活動と並行し、ソロ歌手として『大地の詩』生声で歌うクラシックシリーズ『VOCE』などを定期的に開催。また音楽舞踏劇『プシケとゼウス』、浅利慶太プロデュース『ミュージカル李香蘭』、カゴメ劇場など多ジャンルにわたる舞台に積極的に出演。 その他、男声ボーカルDUO「ブラウエライター」、そしてオペラユニット「THE LEGEND(ザ・レジェンド)」のメンバーしても活躍の場を広げている。

略歴[編集]

  • 1991年、さいたま市立常盤小学校を卒業[1]
  • 1994年、さいたま市立常盤中学校を卒業[2]。在籍時はソフトテニス部所属で、卒業生として同中学の記念式典にも出席している[2]
  • 大東文化大学第一高等学校出身[3]。卒業生として同高校の記念式典にも出席している[4]
  • 1999年4月、東京藝術大学に入学。声楽を学ぶことはもちろん、それまで没頭していたテニスも続け交友関係を広げる。
  • 2003年4月から2004年8月までイタリア・ミラノ音楽院に留学し、見聞を広げる。
  • 2006年8月、ESCOLTAのオーディションに合格。
  • 2007年11月14日、ESCOLTAのメンバーとしてビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。
  • 2008年4月、さいたま市から「さいたま観光大使」を委嘱される。
  • 2009年6月、初のソロコンサート『大地の詩 第一章』を開催。
  • 2011年9月、東日本大震災を経て「Project Rising Sun」を発足。5年間という期間を決めてチャリティコンサートを行い、現地にピアノと音楽を届け続けた。
  • 2012年9月、ソロ歌手としてCDデビュー。
  • 2015年4月、東宝芸能に所属。俳優としての活動もスタート。ミュージカル、舞台に出演。
  • 2016年3月、佐賀市から「佐賀市プロモーション大使」を委嘱される。
  • 2018年1月1日、女優の小此木まりと入籍。
  • 2019年11月、ブラウエライター「Blaue Reiter 〜青い騎士〜」でCDデビューを果たす。
  • 2020年4月、銀座YAMAHAホールにてオペラユニット「THE LEGEND(ザ・レジェンド)」の新メンバーオーディションに合格。
  • 2020年9月30日、離婚[5]

エピソード[編集]

  • 大学の後輩であるESCOLTAのメンバー田代万里生から「テニスコートでしか見たことがない」と言われるほど、大学入学後は声楽だけではなく、テニスにも没頭。
  • ESCOLTAのオーディションにおいて、1ヶ月間で8kgの減量にも成功した。

ディスコグラフィー[編集]

※『ESCOLTA』名義での活動については『ESCOLTA#ディスコグラフィー』項参照の。

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ出演[編集]

レギュラー番組[編集]

  • ESCOLTA de escort(2007年10月6日 - 2009年3月28日、TOKYO FM、毎週金曜日25:00-25:30放送)
    • ESCOLTA de escort(2007年10月28日・11月11日・12月9日、2008年1月20日・2月17日・3月16日、FM AICHIfm osaka、19:00-20:00放送)※TOKYO FMとは別プログラム
  • Primo ESCOLTA(2008年8月3日、Nack5、19:00-20:00放送) - ゲスト出演

雑誌連載[編集]

  • 女性ファション雑誌『InRed』〜ESCORT on STAGE〜(2007年 - 2008年)
  • 雑誌『appeal+ing(2008年 - 2010年、アピーリング)』 - LAWSON 店頭限定
  • フリーペーパー『Jam spot』(2008年 - ) - 山野楽器限定、毎月発行

舞台[編集]

2013年
  • オペレッタ「こうもり」 - ファルケ(こうもり博士) 役
2014年
  • オペレッタ「ルクセンブルク伯爵」 - バジール(侯爵) 役
  • オペラ「蝶々夫人」 - 神官 役
2015年
  • 浅利慶太プロデュース公演「ミュージカル李香蘭」 - 皇帝溥儀(ラストエンペラー) 役
2016年
  • オペラ「ラ・ボエーム」 - 音楽家ショナール 役
  • カゴメ劇場「アラジンと魔法のランプ」 - ランプの大魔神ラルク 役

コンサート[編集]

※『ESCOLTA』名義での活動については『ESCOLTA#コンサート』項参照。

2015年
  • 4月5日 - 「Voce Vol.24」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)
  • 4月25日 - 「ハートフルコンサート佐賀公演」(浪漫座(全2公演))
  • 5月16日 - 「ハートフルコンサート大阪公演」(東梅田教会)
  • 7月3日・4日 - 「大地の詩 第七章」吉武大地ソロコンサート(彩の国さいたま芸術劇場小ホール(全3回公演))
  • 8月8日 - 「Voce Vol.25」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)
  • 9月19日 - 「Voce Vol.26」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)
  • 11月3日 - 「Voce Vol.27」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)
  • 11月25日 - 「吉武大地が歌う 〜映画音楽〜 名曲ファイル」ソロコンサート(浜離宮朝日ホール)
  • 12月23日 - 「Voce Vol.28 〜X'mas Special〜」吉武大地クラシカルソロコンサート(大宮聖愛教会(全2回公演))
  • 「ブレンド〜歌謡曲とバリトンの響宴〜」[いつ?](川口リリア音楽ホール)※松原健之氏とジョイント
  • 「バリトンの逆襲」[いつ?](浜離宮朝日ホール)※宮原浩暢(LE VELVETS)とジョイント
2016年
  • 1月24日 - 「秋夢乃&吉武大地ジョイントコンサート」昼夜(南青山マンダラ)
  • 2月27日 - 「Voce Vol.29 〜Birthday EVE〜」吉武大地クラシカルソロコンサート(大宮聖愛教会(全2回公演))
  • 3月9日 - 12日 - 東北支援「Rising Sun」コンサートツアー
  • 3月27日 - 「Charity Concert Rising Sun 〜被災地とピアノで繋がろう〜 大阪公演」(URGE高槻)
  • 4月2日 - 「Voce Vol.30」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)
  • 4月29日 - 「ハートフルコンサート佐賀公演」(浪漫座(全2回公演))
  • 5月8日 - 「Charity Concert Rising Sun Vol.8 〜被災地とピアノで繋がろう〜 東京公演」(新宿文化センター小ホール)
  • 5月13日 - 15日 - 「秋夢乃&吉武大地ジョイントコンサート」東北公演
  • 7月9日 - 「大地の詩 プレミアムコンサート」吉武大地ソロコンサート(彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール(昼/夜公演))
  • 8月28日 - 「Voce Vol.31」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)
  • 10月2日 - 「Voce Vol.32」吉武大地クラシカルソロコンサート(早稲田スコットホール)


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]