吉松茂太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉松 茂太郎
Shigetarō Yoshimatsu.jpg
生誕 1859年2月9日
死没 (1935-01-02) 1935年1月2日(満75歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1883 - 1920
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

吉松 茂太郎(よしまつ しげたろう、安政6年1月7日1859年2月9日) - 昭和10年(1935年1月2日)は日本の海軍軍人海軍大将。名は「もたろう」と読む場合がある。

経歴[編集]

土佐中村藩士、のち裁判官となった吉松万弥の長男として生まれる。父が自邸に漢学塾を開いていたことから漢詩の素養があった。藩校致道館、開成学校を経て、明治13年(1880年)に海軍兵学校を卒業(7期生)し少尉補を経て、明治16年(1883年)に少尉任官。明治18年(1885年)、防護巡洋艦浪速」の回航委員となりイギリスに出張し「浪速」分隊士となり翌年に帰国。明治21年(1888年)、フランスに留学し、フランス軍艦に実地研究のため乗り組んだり、造兵監督官としてイギリスなどに出張をして同26年(1893年)に帰国した。

明治26年(1893年)に砲艦大島」分隊長、翌年に巡洋艦「吉野」分隊長となり日清戦争に従軍した。その後、西海艦隊参謀、呉鎮守府参謀、海軍大学校教官、軍令部第1局長、常備艦隊参謀長、佐世保鎮守府参謀長、「浪速」艦長を歴任した。明治34年(1901年)、「高砂」艦長となり、翌年、「浅間」と共にイギリスに派遣され、エドワード7世戴冠記念観艦式に参加した。明治37年(1904年)、「常磐」艦長となり日露戦争に従軍、蔚山沖海戦日本海海戦に参加した。

明治38年(1905年)、海軍少将・佐世保鎮守府参謀長となり、呉鎮守府参謀長、第1艦隊司令官を歴任し、同40年(1907年)に練習艦隊司令官を拝命した。

その後、海軍兵学校校長、海軍大学校校長、竹敷要港部司令官、第2艦隊長官、海軍教育本部長、呉鎮守府長官、連合艦隊司令長官を歴任し、大正5年(1916年)に海軍大将、翌年に軍事参議官となり、昭和4年(1929年)に退役した。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  2. ^ 『官報』第4904号「叙任及辞令」1899年11月4日。
  3. ^ 『官報』第7941号「叙任及辞令」1909年12月11日。
  4. ^ 『官報』第8552号「叙任及辞令」1911年12月21日。
  5. ^ 『官報』第1657号「叙任及辞令」1918年2月13日。
  6. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  7. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  8. ^ 『官報』7005号・付録「叙任及辞令」1906年11月2日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  10. ^ a b c d 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日

参考文献[編集]

  • 別冊歴史読本『連合艦隊司令長官』戦記シリーズ№61、新人物往来社、2003年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
先代:
伊集院五郎
連合艦隊司令長官
第6・7・8代:1915 - 1917
次代:
山下源太郎
先代:
海軍兵学校長
次代:
先代:
海軍大学校長
次代: