吉村正一郎 (仏文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉村 正一郎(よしむら しょういちろう、1904年2月17日 - 1977年12月9日)は、日本フランス文学者文芸評論家翻訳家

滋賀県甲賀郡水口町(現・甲賀市)に、のち広島市長の吉村平造吉村胆南)の長男として生まれる。弟に映画監督の吉村公三郎がいる。1925年京都帝国大学文学部仏文科入学、1928年同卒業、朝日新聞社に入社、京都支局長、パリ特派員、論説委員を歴任し「天声人語」を書く。生島遼一の妹悦子と結婚するが先立たれた。戦後1959年京都市助役、1968年奈良県教育委員長、1976年帝塚山学園長となり、在職中に死去した(『待秋日記』)。

著書[編集]

  • 『日常の論理』筑摩書房 1942
  • 『文学と良識』高桐書院 1949
  • 『晴歩雨眠』朝日新聞社 1972
  • 『待秋日記』朝日新聞社 1978

共著編[編集]

  • 『飛鳥の道』堀内民一共著 淡交新社 1964
  • 『素顔の奈良』(編)実業之日本社 1972

翻訳[編集]