吉川翔梧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉川 翔梧 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヨシカワ ショウゴ
ラテン文字 YOSHIKAWA Shogo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-04-08) 1995年4月8日(27歳)
出身地 千葉県鎌ケ谷市
身長 172cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム リトアニアの旗 FKバンガ・ガルグジュダイ
ポジション MF
背番号 11
利き足 右足
ユース
ミナトサッカークラブ
2012-2014 帯広北高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 日本の旗 ツエーゲン金沢 3 (0)
2016 日本の旗 ヴァンラーレ八戸 (loan) 9 (2)
2017-2018 日本の旗 ヴァンラーレ八戸 38 (2)
2019 モンゴル国の旗 エルチム
2020- リトアニアの旗 FKバンガ 59 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年4月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

吉川 翔梧(よしかわ しょうご、1995年4月8日 - )は、千葉県鎌ケ谷市出身のプロサッカー選手。ポジションは、ミッドフィールダー

来歴[編集]

千葉県鎌ケ谷市の「ミナトサッカークラブ」の幼児スクールでサッカーキャリアをスタート。そのまま、小中学生時代も同クラブで過ごす[1]

小学生時代はチームの中心選手だったが、中学生になるとレギュラーとして出場する機会が減り、控え選手に甘んじた[1]。中学卒業後は指導者同士の繋がりから帯広北高校に進学。2年生からスタメンに定着し[1]、3年生の高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ北海道で優勝し、得点王となる。

2014年より、ツエーゲン金沢へ入団[2]

2016年ヴァンラーレ八戸に育成型期限付き移籍したが[3]、同年シーズンをもって契約満了につき、金沢は退団となり、2017年シーズンより八戸へ完全移籍となる[4]

2018年、ヴァンラーレ八戸を退団[5]

2019年、モンゴル・ナショナルプレミアリーグ(1部)所属のエルチムへ入団。

2020年、リトアニア・Aリーガ(1部)所属のFKバンガ・ガルグジュダイへ入団。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 金沢 26 J3 3 0 - 0 0 3 0
2015 J2 0 0 - 1 0 1 0
2016 八戸 9 JFL 9 2 - 0 0 9 2
2017 24 2 - 3 0 27 2
2018 14 0 - - 14 0
通算 日本 J2 0 0 - 1 0 1 0
日本 J3 3 0 - 0 0 3 0
日本 JFL 47 4 - 3 0 50 4
総通算 50 4 - 4 0 54 4

タイトル[編集]

クラブ[編集]

帯広北高等学校
ツエーゲン金沢
エルチム
  • MFFカップ優勝(2019年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 【Jリ-グ発~モンゴル経由~欧州行き】吉川翔梧が描く欧州頂点への道” (日本語). KAZUTAKA OTSU. 2021年9月26日閲覧。
  2. ^ 吉川翔梧選手(帯広北高校) 新加入内定のお知らせ (ツエーゲン金沢) - ウェイバックマシン(2016年7月4日アーカイブ分)
  3. ^ 吉川 翔梧選手 【育成型期限付き移籍】のお知らせ - 2015年12月14日 ツエーゲン金沢公式HP
  4. ^ “J2金沢 他クラブへ期限付き移籍中の3選手と契約更新せず”. スポニチアネックス. (2016年12月7日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/07/kiji/K20161207013864080.html 2016年12月7日閲覧。 
  5. ^ 引退・退団選手のお知らせ - ヴァンラーレ八戸公式サイト、2018年11月30日(2018年12月10日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]