吉川恵治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉川恵治(よしかわ けいじ、1950年7月6日 - )は、日本板硝子の元代表取締役社長静岡県生まれ。

1973年に静岡大学工学部機械工学科卒業後、日本板硝子に入社。

情報電子カンパニー情報通信デバイス事業部長、執行役員、取締役を経て2012年2月には副社長兼CPMO(最高プロジェクトマネジメント責任者)に就任。

2012年4月には代表取締役社長兼CEOに就任した[1]藤本勝司会長ら旧体制により陥った大幅な経営悪化からの再建にあたり、2015年3月期の4期ぶりの黒字化を実現して[2][3][4][5][6][7]、同年4月に退任[8][9]。同社相談役を経て、2018年関西ペイント取締役[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
クレイグ・ネイラー
日本板硝子社長
2012年 - 2015年
次代:
森重樹