吉川徹 (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉川徹(きっかわ とおる、1966年11月3日[1] - )は、日本の社会学者大阪大学教授。専門は計量社会学、特に計量社会意識論・学歴社会論。島根県生まれ。

SSPプロジェクトの代表者。

略歴[編集]

  • 島根県立松江南高等学校卒業
  • 1989年3月 大阪大学人間科学部人間科学科卒業
  • 1991年3月 同大学院人間科学研究科修士課程修了
  • 1992年4月 日本学術振興会特別研究員DC
  • 1994年6月 博士課程修了、博士(人間科学)
  • 1994年4月 大阪大学人間科学部助手
  • 1995年4月 静岡大学人文学部講師
  • 1996年10月 助教授
  • 2000年4月 大阪大学人間科学研究科助教授
  • 2006年4月 大阪大学社会経済研究所付属行動経済学研究センター併任准教授
  • 2007年4月 大阪大学人間科学研究科准教授
  • 2010年8月 情報・システム研究機構 統計数理研究所 調査科学研究センター 客員准教授 (併任)
  • 2014年4月 大阪大学人間科学研究科教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『階層・教育と社会意識の形成――社会意識論の磁界』(ミネルヴァ書房 1998年)
  • 『学歴社会のローカル・トラック――地方からの大学進学』(世界思想社 2001年)
  • 『学歴と格差・不平等――成熟する日本型学歴社会』(東京大学出版会 2006年)
  • 『学歴分断社会』(ちくま新書 2009年)
  • 『現代日本の「社会の心」――計量社会意識論』(有斐閣 2014年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『階層化する社会意識――職業とパーソナリティの計量社会学』(勁草書房 2007年)
  • 『長期追跡調査でみる日本人の意識変容――高度経済成長世代の仕事・家族・エイジング』(ミネルヴァ書房 2012年)

訳書[編集]

  • E・リーボウ『ホームレスウーマン――知ってますか、わたしたちのこと』(東信堂 1999年)
  • E・リーボウ『タリーズコーナー――黒人下層階級のエスノグラフィ』(東信堂 2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.312

外部リンク[編集]