吉川広嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
吉川広嘉
時代 江戸時代前期
生誕 元和7年7月6日1621年8月23日
死没 延宝7年8月16日1679年9月20日
改名 長松(幼名)→広佳(ひろずみ)→広純→広嘉
別名 左馬之助(通称)
墓所 山口県岩国市横山の洞泉寺
幕府 江戸幕府
主君 毛利綱広
周防岩国領第3代領主
氏族 吉川氏
父母 父:吉川広正、母:毛利輝元娘・竹姫
兄弟 広嘉就紀徳大寺公信室、
右田毛利就信室、大野毛利就詮
正室:鷲尾隆量娘・天長院
広紀

吉川 広嘉(きっかわ ひろよし)は、江戸時代前期の周防国岩国領の第3代領主。毛利氏の家臣。

生涯[編集]

元和7年(1621年)7月6日、第2代領主・吉川広正の長男としてに生まれる。寛永元年(1624年)に、証人(人質)として江戸に上り、寛永7年(1630年)に将軍徳川家光御目見した。同年、弟の千若(吉川就紀)が証人となり、帰国した。寛永11年(1634年)に萩で元服し広佳と名乗った。正保2年(1645年)4月には改名して広純を名乗る。

寛文3年(1663年)8月28日、父の隠居により家督を継ぐ。生来病弱であったため京都で療養し、諸学と京風を身に着け、狩野探幽等とも交流があり、後年の錦帯橋架橋にも繋がる人脈を構築した。

領主としての治績は、瀬戸内沿岸二千町歩を干拓し耕地を拡大したこと、領札を発行したことがある。最大の治績は、延宝元年(1673年)、同2年(1674年)と連年錦川に架橋工事を行い、現在の形の錦帯橋を架橋したことである。特に延宝2年の架橋工事は緻密を極め、橋は以後第二次世界大戦後にキジヤ台風で崩壊・流失するまで一度も流失しなかった。

延宝7年(1679年)8月16日に死去した。享年59。長男・広紀が跡を継いだ。

関連項目[編集]