吉川国経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
吉川国経
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 嘉吉3年(1443年[1]
死没 享禄4年4月18日[1]1531年5月4日
別名 次郎三郎[2]、三郎[2]
戒名 正受院一株慶守[1]
官位 伊豆[2]治部少輔[1][2]
主君 室町幕府 足利将軍家
氏族 藤原南家工藤流吉川氏
父母 父:吉川経基[2]、母:佐波秀連
兄弟 国経石野経守江田経純国衙光経
茂経法吉川夫人尼子経久室)、
女(笠間刑部少輔室)、女(小河内清信室)、
女(綿貫忠澄室)、女(多賀某室)、
女(三須清成)室、女(波根泰次室)、
女(気比大宮司某室)、
女(万里小路賢房室)
高橋直信女、小笠原越前守
元経[2]経長宮庄経友経世
女(福屋隆兼室)、妙玖毛利元就正室)

吉川 国経(きっかわ くにつね)は、戦国時代武将安芸国国人吉川氏12代当主。

生涯[編集]

嘉吉3年(1443年)、吉川経基の長男[1]として誕生。

永正6年(1509年)、家督を継いで当主となる[1]。永正4年(1507年)に周防国大内義興出雲国尼子経久室町幕府12代将軍足利義稙を擁して上洛した際には従軍し[1]、永正8年(1511年)の船岡山合戦にも参加した[1]

後に尼子経久が勢力拡大を図り大内義興と戦いを始めると、永正14年(1517年)から尼子氏に味方して大内氏の動向を伝えた[1]。また、経久の命により、毛利氏取り込みのために娘・妙玖毛利元就に嫁がせている[1]

大永2年(1522年)に長男の吉川元経が死去すると、嫡孫・吉川興経(千法師)の補佐・後見にあたった[1]

享禄4年(1531年)4月18日、死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 阿部 & 西村 1990, p. 279.
  2. ^ a b c d e f 今井尭ほか編 1984, p. 333.

参考文献[編集]

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』 (コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9 
  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • 中国新聞社『歴史紀行 安芸吉川氏』新人物往来社、1988年6月。ISBN 4-404-01517-8