吉川元経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
吉川元経
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 長禄3年(1459年[1]
死没 大永2年3月6日[1][2]1522年4月2日
別名 次郎三郎[2]
戒名 雄猛院義仲全勇[1]
官位 伊予[2]治部少輔[1][2]
主君 尼子経久
氏族 藤原南家工藤流吉川氏
父母 父:吉川国経[2]、母:不詳
兄弟 元経経長宮庄経友経世
女(福屋隆兼室)、妙玖毛利元就正室)
継室:毛利弘元
家経興経[2]、女(武田光和室)、
女(山県光頼室)、女(小笠原長雄室)

吉川 元経(きっかわ もとつね)は、戦国時代武将安芸国国人吉川氏13代当主。

生涯[編集]

永正8年(1511年)の船岡山合戦には父と共に参陣[1]。永正14年(1517年)、安芸武田氏当主武田元繁が吉川領の有田城を攻撃すると、弟宮庄経友を派遣し、毛利元就との共同作戦によって元繁らを討ち取った(有田中井手の戦い)。

その後方針を転換し、山陰の雄尼子経久の傘下に入る。元経の妻は毛利弘元の娘であり、妹は毛利元就の妻であった。そのため吉川氏が尼子氏傘下になると、毛利氏に対しても尼子氏に従属するように勧誘した[1]

家督を継いで間もない大永2年(1522年)、父に先立って死去[1]。子の興経が跡を継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 阿部 & 西村 1990, p. 281.
  2. ^ a b c d e f 今井尭ほか編 1984, p. 333.

参考文献[編集]

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』 (コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9 
  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • 中国新聞社『歴史紀行 安芸吉川氏』新人物往来社、1988年6月。ISBN 4-404-01517-8