吉川アールエフセミコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 吉川アールエフセミコン
YOSHIKAWA RF SEMICON CO.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 YRSC
本社所在地 日本の旗 日本
889-1495
宮崎本社:宮崎県児湯郡新富町大字上富田4637-1
東京支社:東京都新宿区西新宿七丁目2番4号 新宿喜楓ビル8F
設立 1984年7月24日
業種 精密機器
事業内容 半導体製品のウエハーテスト工程、組立工程、テスト工程
代表者 吉川修平(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 128億900万円(2007年1月)
従業員数 450名(2009年2月末現在)
主要株主 吉川工業株式会社(94%出資)
外部リンク http://www.yrsc.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社吉川アールエフセミコン(よしかわアールエフセミコン)は、宮崎県児湯郡新富町および東京都新宿区に本社を置く、半導体テストハウスおよびRFIDのチップの開発・販売を行なう会社である。吉川工業の子会社。

概要[編集]

宮崎県の誘致企業として、1984年7月に吉川工業と宮崎沖電気(現ラピスセミコンダクタ宮崎)との共同出資により「吉川セミコンダクタ株式会社」として設立された。1997年8月には、日本国外での生産拠点として、インドネシアビンタン島に関連子会社PT.Yoshikawa Electronics Bintan(ヨシカワエレクトロニクスビンタン)を設立した。2012年10月に吉川アールエフシステムを吸収合併し、株式会社吉川アールエフセミコンに社名変更した。

沿革[編集]

  • 1984年7月 - 吉川セミコンダクタ株式会社設立
  • 1997年8月 - PT.Yoshikawa Electronics Bintan設立
  • 2012年10月 - 吉川アールエフシステム株式会社を吸収合併

外部リンク[編集]