吉岡郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉岡 郁夫(よしおか いくお、1932年5月19日 - )は日本の解剖学者民俗学者人類学者日本民俗学会会員、名古屋民俗研究会会員。自然科学と民俗学文化人類学をテーマに多彩な調査・執筆活動をおこなっている。

来歴[編集]

広島県福山市出身。1958年広島大学医学部卒、名古屋大学医学部解剖学研究室大学院修了、1966年医学博士愛知医科大学教授、愛知学院大学教養部教授、1998年退職。1978年明石原人を世界各地より出土した猿人原人旧人新人の化石骨と比較して、旧人または現世人類の骨だと鑑定した。

著書[編集]

  • 『身体の博物誌―医学と人類学の周辺』大学教育社、1980年
  • 『人体の不思議』講談社現代新書、1986年
  • 『日本人種論争の幕あけ―モース大森貝塚』共立出版、1987年
  • 『身体の文化人類学―身体変工と食人』雄山閣出版、1989年
  • 『民俗学と自然科学』學生社、1990年
  • 『いれずみ(文身)の人類学』雄山閣出版、1996年
  • 『人魚の動物民俗誌』新書館、1998年

共著[編集]

  • 『受験解剖学 出題頻度と各科関連』武藤浩共著 南江堂 1977
  • 『受験組織学・病理学 出題頻度と各科関連』武藤浩共著 南江堂 1977
  • 『体表解剖学 その臨床的応用』武藤浩共著 南江堂 1979
  • (武藤浩との共著)『性の人類学―形質人類学の空白領域』共立出版、1983年

訳書[編集]

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年