吉士長丹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
吉士長丹
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 呉長丹
官位 小花下
主君 孝徳天皇
氏族 吉士→呉氏
テンプレートを表示

吉士 長丹(きし の ながに/ちょうたん)は、飛鳥時代豪族呉 長丹(くれ の ながに)とも表記される。冠位小花下

出自[編集]

吉士」は元来、古代朝鮮における「首長」を意味する言葉から生まれたであり、転じてに変わったものでもある。一族は外交事務で多く活躍している。『新撰姓氏録』では、吉志氏は「摂津国皇別」に分類され、「難波忌寸同祖、大彦命之後也」となっている。本拠地は摂津嶋下郡吉志部村(現在の大阪府吹田市岸部町)とされている。

記録[編集]

白雉4年(653年)、遣唐第1船の大使として計121人を率いて唐へと出発する。このときの位は小山上で、副使は吉士駒であった。同行の学問僧には、道観(のちの粟田真人)道昭定恵中臣鎌足の長男)らがいた[1]

翌年7月、百済・新羅の送使と共に筑紫国に到着する。このときは「西海使」(にしのみちのつかい)と『日本書紀』巻第二十五には記されている[2]。その後に、

(こ)の月に、西海使(にしのうみのつかひ)(ら)が、唐国(もろこし)の天子(みかど)に奏対(まうむか)ひて、(さは)に文書(ふみ)・宝物(たからもの)(え)たるを褒美(ほ)めて、

小花下の位に昇叙され、封戸200戸を与えられた。また、氏を賜って、呉氏(くれのうじ)となった[3]。恐らく、「呉」を経由して長安に辿り着いたからであろうと、岸俊男は述べている。このことから、南島路をとったものと推定される。

近江国蒲生郡の呉神社はゆかりの神社である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』孝徳天皇 白雉4年5月12日条
  2. ^ 『日本書紀』孝徳天皇 白雉5年7月24日条
  3. ^ 『日本書紀』孝徳天皇 白雉5年7月条

参考文献[編集]

関連項目[編集]