吉原直毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉原 直毅(よしはら なおき、1967年9月19日[1] - )は、日本経済学者。専門は数理マルクス経済学厚生経済学社会選択理論ゲーム理論[2][3][4]マサチューセッツ大学アマースト校経済学部教授博士(経済学)一橋大学1996年)。新潟県出身[5]

北海道大学経済学部唐渡興宣ゼミ出身。一橋大学大学院経済学研究科鈴村興太郎ゼミ出身[6]高須賀義博は修士課程の副指導教官。都留康は博士学位論文執筆時の副指導教官[7]

略歴[編集]

著書[編集]

受賞[編集]

  • 2010年10月 第1回経済理論学会奨励賞 『労働搾取の厚生理論序説』[3]
  • 2011年5月 The Distinguished Achievement Award in Political Economy for The Twenty-First Century (The World Association for Political Economy)[3]

脚注[編集]

  1. ^ 吉原直毅”. 一橋大学経済研究所 (2002年12月9日). 2016年8月24日閲覧。
  2. ^ 坂本徳仁 (2009年1月6日). “吉原直毅”. arsvi.com. 2016年8月24日閲覧。
  3. ^ a b c 履歴・研究業績”. 吉原直毅webサイト. 2016年8月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 吉原直毅”. 一橋大学経済研究所. 2016年8月24日閲覧。
  5. ^ 『マルクスの使いみち』著者紹介
  6. ^ 吉原 直毅「千歳空港より」
  7. ^ 吉原 直毅「マルクス主義と規範理論 (1)」
  8. ^ Welfare analysis of economic systems from the viewpoint of distributive justice and incentive compatibility”. 国立国会図書館サーチ. 2016年8月24日閲覧。
  9. ^ a b Naoki Yoshihara”. マサチューセッツ大学アマースト校経済学部. 2016年8月24日閲覧。
  10. ^ [1]

外部リンク[編集]