吉原泰助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉原 泰助(よしはら たいすけ、1933年2月14日[1]- )は、日本マルクス経済学・フランス古典派経済学研究者、護憲論者、反戦主義者。専門は経済理論・経済理論史福島大学名誉教授、元学長。福島県九条の会代表。九条の会全国講師団メンバー。

略歴[編集]

茨城県古河市生まれ。1951年埼玉県立浦和高等学校卒、東京大学教養学部文科一類に入学。教養学部の同級に井上喜一小和田恒栗山尚一黒井千次平賀俊行藤原宣夫三木利夫がいる。なお、学長時代の同時期に神戸大学学長を務めた文化勲章受章者西塚泰美は、名古屋の旧制昭和中学校(現愛知県立昭和高等学校)の同期。東大教養学部在籍中は三鷹寮に入り、4期と6期の委員長を務め、初代都寮連委員長。その後、東京大学法学部三類(政治学)に進学、1955年に卒業し、経済学部に学士入学、1957年同学部卒業。同大学院社会科学研究科(博)に進学、1962年単位取得満期修了。

1962年、福島大学に赴任、経済学部講師、助教授、教授、経済学部長一期。その間、文部省在外研究員としてパリ第一大学(パンテオン・ソルボンヌ)に在籍。また、弘前大学岩手大学東北大学名古屋大学、同大学院、名古屋市立大学大学院、名城大学などで、経済原論、政治経済学、経済学史、資本主義構造論、特殊講義「恐慌論・再生産論」、フランス語経済学書講読等を、非常勤で担当。

1995年、星埜惇からバトンを受け福島大学長に就任した。在任三期7年。福島大学長在任中は、理工系学部の新設に尽力、その道筋をつけた。20世紀最後の福島大学長、21世紀最初の福島大学長でもあった。2002年、臼井嘉一と交代。

その他、学外では、大学基準協会大学の在り方研究委員会委員(1983-)、学長時代には東北インテリジェント・コスモス研究機構理事、福島県高等教育協議会会長、日本ユネスコ協会連盟理事等[(学会役員・福島県における学長当て職、国立大学協会各種委員を除く]を歴任。

編著書[編集]

  • 『マルクス資本論入門』(山中隆次鶴田満彦二瓶剛男と共著、有斐閣新書、1976年)
  • 「講座資本論の研究」全五巻(編著、青木書店、1980-82)
  • 『資本論体系 9-1 恐慌・産業循環(上)』(富塚良三服部文男本間要一郎と共編、有斐閣、1997年)
  • 『資本論体系 9-2 恐慌・産業循環(下)』(富塚良三、服部文男、本間要一郎と共編、有斐閣、1998年)

参考文献[編集]

  • 「吉原泰助学長のご退官を記念して」(美馬武千代)

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』