合食禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

合食禁(がっしょくきん)、または食合禁(しょくごうきん)は、に関する伝承の一つ。一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いとされる言い伝えであり、一般に消化に害を来たすとされている。平易な日本語では食べ合わせ(たべあわせ)、食い合わせ(くいあわせ)と呼ばれることが多い。

概要[編集]

日本で伝えられている合食禁は、元は中国から伝えられた本草学における薬物相互間作用の研究に加えて陰陽五行思想を食材にあてはめたものとされる。このため、科学的根拠の無いものもあるが、中には医学的に正しいとされるものも存在している。

中国では食経と呼ばれる書物でたびたび採り上げられ、例えば、忽思慧による『飲膳正要』という本には「食物相反」の章が立てられて「牛肉と栗子」などの例が挙げられている。日本では、養老律令職制律に、天皇に出す食事に合食禁を犯した場合には内膳司の責任者(次官)である典膳3年の刑に処されるとある。また、南北朝時代洞院公賢が著したとされる『拾芥抄』や江戸時代初期に貝原益軒が著した『養生訓』には多くの食禁が記されている。ただし、これらの書籍には鰻(うなぎ)梅干天麩羅西瓜蕎麦田螺などのような今日知られる代表的な例は記されていない。これは鰻の蒲焼蕎麦切り、天麩羅が江戸時代になってから食されるようになった食物であることによる(『養生訓』には蕎麦に関する例は一部挙げられているが、ごくわずかである)。

近年では栄養面での合食禁も伝えられている。

合食禁の実例[編集]

日本に古くから伝えられる合食禁[編集]

天ぷらと西瓜
  • 梅干し: 鰻の脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こすとされた。ただし実際には、消化不良に関して医学的な根拠はなく、酸味が脂の消化を助けるため、味覚の面も含めて相性の良い食材である。『養生訓』には「銀杏に鰻」と記されており、これが転じたとするほか、高級食材である鰻の食べすぎを避けるためなど諸説がある。
  • 天ぷら氷水: 水と油で消化に悪いとされた。実際、胃の負担が増加し、消化に支障をきたすことが確認されている。
  • 天ぷらと西瓜: 同上。
  • ヤギと冷たい飲み物: 主に沖縄県。ヤギの脂肪が胃の中で冷やされ、凝固して気分が悪くなるという。これも「水と油」の例と思われる。
  • : 本草綱目に記載。体を冷やすとされた。実際に、蟹の身に体温を下げる効果があることが確認されている。柿の実も同様。この食べ合わせは李氏朝鮮の国王景宗の死因とされる。
  • 蟹と氷水: 同上。
  • 牛蒡: が大幅にずれている例。
  • 浅蜊松茸 :同上。
  • 蕎麦田螺: ほとんど噛まずに食べる蕎麦と、硬く消化に悪いタニシの組み合わせで、さらに消化を悪くするとされる。
  • おこわ河豚: 高級食材の食べ過ぎ防止。現在でも贅沢の極みとして避けられることが多い。
  • 黒砂糖: 共に古くは高級食材であったことから、贅沢を戒めているとされる。現在でも殆ど見られない食材の組み合わせの一例でもある。
  • 胡瓜蒟蒻: 不明。
  • 泥鰌山芋: 単に食感の問題と思われる。
  • : 蕨(わらび)の過剰摂取により、ワラビ中毒(蕨特有の主成分に依るもの)を引き起こす危険性がある。
  • 蛸と: ここでいう梅とは青梅(あおうめ)のこと。上記と同様に青梅の過剰摂取で青酸配糖体による中毒を引き起こすため。
  • 胡桃: のぼせやすくなるとされた。胡桃の実には血圧を上げる効果があるため。
  • 鮫と梅干、数の子と熊の胆小豆飯と蟹肉、西瓜と干鱈: 命に関わるもの[1]
  • タコとアワビ、蟹と椎茸、フグと青菜、鯖と芋がら、海老と茸、タコと浅漬けと牛蒡、と生葱: 消化器系に異常をきたすもの[1]
  • 天麩羅とタニシ、南瓜とドジョウ、鰻とこんにゃく、梅干と乳、蟹と強飯、乳と青梅、蛸と柿、蛇とネギ、フグと青菜、薄荷と馬鈴薯、油ものと生もの: 長野県佐久地域に伝わる伝統的な合食禁で、その理由は不明である。また佐久地方では、これらをうっかり食べてしまった場合に腹をさすりながら「分かれて入って仲良く暮らせ」と唱える風習もある[2]

現代日本の合食禁[編集]

現代栄養学的・医学的知見に基づいて、避けるべきとされている食物の組み合わせ。

  • スイカビール: 両方ともほとんど水分であるが、利尿作用もある。ビールの摂取が進みすぎ、急性アルコール中毒を引き起こす可能性がある。また、水分を摂っているつもりでも気づかないうちに脱水症状に陥っていて、水泳前や入浴前では水死の危険性もある
  • お茶鉄分(非ヘム鉄)を含む食品 : お茶による食品中の鉄分(非ヘム鉄)の吸収阻害のこと。 食後に茶(特に緑茶)を摂取すると、食品中に含まれる非ヘム鉄は吸収を受けにくい形に酸化されてしまう。鉄欠乏性貧血で悩む女性やダイエットによって鉄分の補給が十分でない人は、食後すぐに緑茶を飲むのは避けるべきである。
  • 生の卵白ビオチンを含む食品(代表例:酵母、レバー、豆類、卵黄など): アビジンがビオチンの腸管からの吸収を阻害する。
  • ラムネ系食品(代表例:メントス)と炭酸飲料(代表例:ダイエットコーラ): 食道から胃にかけて損傷する。

宗教的理由による合食禁[編集]

食のタブーによる「宗教的理由」により、戒律で避けなければならない事例である。

  • 食肉乳製品: ユダヤ教での禁忌。子を親ので煮て食べる事は残酷な事だ、という発想から転じて、親子関係の有無に関わらず、獣肉および家禽の肉を乳製品と同時に食べることはもちろん、肉料理を食べた後十分な時間を置かずに乳製品の入ったデザートを食べることも、肉と乳がの中で混ざると考えられ禁忌とされる。正統派のユダヤ教徒は、食器や調理器具はもとより、食器洗い機も肉用と乳製品用に分ける。レビ記613のミツワー第195および196、カシュルートを参照。
  • ドリアンアルコール飲料: 東南アジアでは古くから言い伝えられているが医学的な根拠は見つかっていない。詳細はドリアンの項を参照のこと。

薬剤との合食禁[編集]

一般的には「食べ合わせ」という呼称よりも「飲み合わせ」という呼称が用いられる。特定の薬剤と食品中の成分が体内で相互作用を起こし、薬効または副作用が極端に強まったり、減衰したりする。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 漢字百話 魚の部『魚・肴・さかな事典』p115(1987年11月1日 大修館書店ISBN 4-469-23045-6 C0081
  2. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中478P 発行者長野県佐久市 平成2年2月20日発行
  3. ^ 高長 ひとみ, 大西 綾子, 内田 淳子, 山田 志穂, 松尾 浩民, 森元 聡, 正山 征洋, 澤田 康文 (1998). “薬物の消化管吸収におけるP糖タンパク質の機能に及ぼすグレープフルーツジュースなどの効果”. 薬物動態 13 (No.supplement): 110-111. doi:10.2133/dmpk.13.supplement_110. NAID 10007629682. 

参考文献[編集]