合衆国法典第10編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

合衆国法典第10編(がっしゅうこうこくほうてんだい10へん、Title 10 of the United States Code)は、合衆国法典の10番目の編(Title)であり、アメリカ軍に関連する分野の法典である。アメリカ国防総省管理下の四軍について扱われており、第5の軍種とされる沿岸警備隊は、合衆国法典第14編にて扱われている点が異なっている。かつては合衆国法典第34編において海軍を扱っていたが、現在は第10編に統合されている。

概要[編集]

以下は、2012年時点の内容である。

  • 第10編 軍隊 (Title 10 - ARMED FORCES)
    • 副題A 総則(General Military Law):第1部(part)から第4部。第1章 (chapter) から第173章。第101条 (section)から第2925条。
    • 副題B 陸軍(Army):第1部(part)から第4部。第301章 (chapter) から第453章。第3001条 (section)から第4842条。
    • 副題C 海軍及び海兵隊(Navy and Marine Corps):第1部から第4部。第501章から第669章。第5001条から第7921条。
    • 副題D 空軍(Air Force):第1部から第4部。第801章から第953章。第8010条から第9842条。
    • 副題E 予備役部隊(Reserve Components):第1部から第5部。第1001章から第1805章。第10001条から第18506条。

外部リンク[編集]