合山究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

合山 究(ごうやま きわむ、1942年4月11日 - )は、日本の中国文学者、九州大学名誉教授。

大分県出身。九州大学中国文学科卒、同大学院中退、岐阜大学教育学部講師、九大教養部助教授、教授、九大比較社会文化研究院教授、2006年定年、名誉教授。 林語堂の翻訳、『論語』『紅楼夢』研究など幅広く中国文学を研究する。

著書[編集]

  • 論語発掘 通釈への疑問と解明 明治書院 1975
  • 幽夢影 明徳出版社(中国古典新書) 1977
  • 酔古堂剣掃 明徳出版社(中国古典新書) 1978
  • 論語解釈の疑問と解明 明徳出版社 1980
  • 故事成語 講談社現代新書 1991
  • 雲烟の国 ―風土から見た中国文化論 東方書店(東方選書) 1993
  • 紅楼夢〉新論 汲古書院 1997.3
  • 明清時代の女性と文学 汲古書院 2006.2
  • 『紅楼夢』―性同一性障碍者のユートピア小説 汲古書院 2010

翻訳[編集]

  • 蘇東坡 林語堂 明徳出版社 1978/講談社学術文庫(上下)、1987、復刊2007
  • 自由思想家・林語堂-エッセイと自伝 明徳出版社 1982
  • 明代清言集.中国の古典 講談社 1986
  • 清代清言集.中国の古典 講談社 1987