司凍季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
司 凍季
(つかさ とき)
ペンネーム 司 凍季
(つかさ とき)
職業 小説家推理作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 法政大学文学部日本文学科卒業
活動期間 1991年 -
ジャンル 推理小説ノンフィクション
文学活動 新本格ミステリー
デビュー作 『からくり人形は五度笑う』(1991年)
テンプレートを表示

司 凍季(つかさ とき、1958年10月30日 - )は、日本小説家推理作家大分県生まれ。法政大学文学部日本文学科卒業。ペンネームの名付け親は島田荘司

1991年島田荘司の推薦により『からくり人形は五度笑う』で小説家デビュー。

経歴[編集]

高校時代に横溝正史松本清張を読む。
いじめのため学校にはあまり通わず、父親の友人であったエコール・ド・パリ蒐集家の病院長より、ギリシア哲学や文学を教わる。
大学で文芸評論家の小田切秀雄に師事。
大学2年の時、友人と二人で文芸同人誌『法政文芸』を創刊。

同時期に都内の小説サークルで漫画原作者の狩撫麻礼に会い、毎週狩撫の原稿を読む。
大学のゼミでは太宰治を専攻。22歳の時に『津軽』を読み、一週間津軽を旅する。太宰の生家「斜陽館」に泊まる。
たまたま同宿した美大生が、漫画家の喜国雅彦であったことが、38年後、2018年のクリスマスに判明。

卒論は「佐多稲子と戦争責任の問題」。
大学卒業後に、別府大学で図書館司書資格を取得。隣の席で受講していたのが小説家の佐藤正午である。

1988年頃『東西ミステリーベスト100』で紹介されていた島田荘司に興味を持ち、作品をすべて読む。
1989年9月『奇想、天を動かす』に感動し、光文社カッパ・ノベルス編集部あてに「読後の感想」を送ったことがきっかけとなり、島田と講談社ノベルス編集者であった宇山日出臣に勧められ、本格ミステリーを書きはじめる。

1991年に『からくり人形は五度笑う』(講談社ノベルス)で小説家デビュー。

作品リスト[編集]

一尺屋遙シリーズ[編集]

  • からくり人形は五度(たび)笑う(1991年9月 講談社ノベルス / 1995年1月 講談社文庫
  • 蛇つかいの悦楽(1992年5月 立風書房
  • さかさ髑髏は三度唄う(1993年10月 講談社ノベルス / 1999年5月 講談社文庫)
  • 湯布院の奇妙な下宿屋(1995年1月 講談社ノベルス / 2004年3月 光文社文庫)
  • 悪魔の水槽密室―「金子みすゞ」殺人事件(1996年8月 カドカワノベルズ / 2002年4月 光文社文庫)
  • 学園街の「幽霊(ゴースト)」殺人事件(1998年12月 講談社ノベルス)

竜崎幸シリーズ[編集]

  • 女探偵(ウーマン・アイ)・心臓を抉る恋(1994年6月 双葉ノベルス)
  • 女探偵(ウーマン・アイ)・幽霊殺人事件(1995年5月 双葉ノベルス)

その他[編集]

  • 首なし人魚殺人事件(1993年1月 光文社カッパ・ノベルス
    • 【改題】首なし人魚伝説殺人事件(1996年2月 光文社文庫)
  • 毒のある果実(1993年8月 角川書店)
  • 屍蝶(しかばねちょう)の沼(1998年5月 光文社カッパノベルス / 2001年2月 光文社文庫)
  • 椰子の血――フィリピン・ダバオへ渡った日本人移民の栄華と落陽 (2013年11月 原書房)

アンソロジー収録短編[編集]

「」内が司凍季の作品

  • ミステリーの愉しみ5 奇想の復活(1992年8月 立風書房)「頸折れ人形考」
  • 本格推理2 奇想の冒険者たち(1993年10月 光文社文庫)「亡霊航路」
  • さよならブルートレイン: 寝台列車ミステリー傑作選(2015年10月 光文社文庫)「亡霊航路」

雑誌掲載短編[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]