右田一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
右田 一彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市中央区
生年月日 (1960-06-03) 1960年6月3日(62歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
初出場 1982年10月18日
最終出場 1988年8月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

右田 一彦(みぎた かずひこ、1960年6月3日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手投手)。

実弟に、元プロ野球選手で南海ホークス阪神タイガース外野手としてプレーした右田雅彦がいる。

来歴[編集]

1960年6月3日熊本県熊本市で生まれる。九州学院高等学校では1978年全国高等学校野球選手権熊本大会で準決勝まで進出するが、鎮西高等学校に敗れて甲子園出場は果たせなかった。卒業後は社会人野球電電九州に入社し、1980年第51回都市対抗野球大会1981年第52回都市対抗野球大会に連続出場を果たし[1]、後者では1回戦(対新日鐵名古屋戦)で先発すると、延長11回を1失点に抑えて長嶺俊一の救援を仰ぎ、延長20回・試合時間4時間57分の末に2-1で辛勝した。しかし2回戦(対日本生命戦)では打ち込まれて7回コールド負けを喫した[2]。電電九州入社時のエースは山内孝徳が務め、同僚にはのちに1981年のドラフト会議において阪急ブレーブスから指名される南牟礼豊蔵、右田と同時に横浜大洋ホエールズへ入団する村岡耕一が在籍していた。

同年のドラフト会議において、阪神タイガース横浜大洋ホエールズから1巡目で指名され、抽選の末に大洋へ入団した。快速球を武器にした即戦力投手として期待されたが、新人年の1982年中日ドラゴンズが優勝を決めた後の、いわゆる「消化試合」の1試合で登板しただけで、イースタン・リーグで14勝を挙げて優勝に貢献したのみで終わった。1983年は開幕一軍入りを果たすと、開幕2戦目の対読売ジャイアンツ戦(後楽園球場)で一軍初先発となったが、この試合で同年に一軍デビューを果たした駒田徳広に初打席で満塁本塁打を被弾するなど8失点で敗戦投手となる。その後も一軍で13試合に登板するも、速球中心の単調な投球では通用するはずが無く、0勝3敗・防御率8.80と惨憺たる結果に終わる。

同年11月に、新谷嘉孝欠端光則との交換トレードで、竹之内徹と共にロッテオリオンズへ移籍した。ロッテでは、監督の稲尾和久からスローカーブを伝授され、従来からの武器である速球と共に投じることで緩急が付き、移籍初年度である1984年にプロ初勝利を含む6勝を挙げた。しかし、それ以降は勝ち星も防御率も低迷し、1989年を最後に現役を引退した。

人物・エピソード[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 大洋 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
1983 13 5 0 0 0 0 3 0 -- .000 147 30.2 38 7 19 0 3 13 0 0 35 30 8.80 1.86
1984 ロッテ 26 9 3 1 0 6 5 2 -- .545 410 94.0 103 15 36 2 1 46 1 0 59 55 5.27 1.48
1985 22 4 0 0 0 2 4 3 -- .333 268 58.0 68 10 38 0 1 37 1 0 49 47 7.29 1.83
1986 11 3 0 0 0 1 1 0 -- .500 134 28.0 41 7 9 0 1 17 0 0 24 22 7.07 1.79
1987 32 5 0 0 0 2 3 0 -- .400 308 73.0 76 12 27 3 2 56 7 0 36 34 4.19 1.41
1988 11 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 116 23.2 31 4 12 0 1 14 3 0 20 19 7.23 1.82
通算:7年 116 27 3 1 0 12 16 5 -- .429 1387 308.1 358 55 141 5 9 183 12 0 223 207 6.04 1.62

記録[編集]

  • 初登板:1982年10月18日、対中日ドラゴンズ26回戦(横浜スタジアム)、9回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発:1983年4月10日、対読売ジャイアンツ2回戦(後楽園球場)、2回1/3を8失点で敗戦投手
  • 初勝利・初先発勝利・初完投・初完投勝利:1984年4月5日、対西武ライオンズ3回戦(西武ライオンズ球場)、9回2失点
  • 初完封:1984年7月4日、対西武ライオンズ13回戦(西武ライオンズ球場)
  • 初セーブ:1984年8月19日、対西武ライオンズ19回戦(西武ライオンズ球場)、6回裏から2番手で救援登板・完了、4回2失点

背番号[編集]

  • 16(1982年 - 1983年)
  • 47(1984年 - 1989年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]