史天沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
史天沢像

史 天沢(し てんたく、泰和2年(1202年) - 至元12年2月7日1275年3月5日))は、モンゴル帝国元朝)に仕えた漢人軍閥の1人である。字は潤和。史秉直の次男で、史天倪の弟。子に史格

概要[編集]

華北の漢人軍閥で、父は史秉直といい、真定(河北省正定県付近)地方に勢力を誇った軍閥である。史家は王朝に仕えていたが、金がモンゴルの攻勢に押された上に内紛を繰り返したことから、1213年チンギス・カンの有力武将・ムカリに降伏して以後はモンゴルの家臣となった。兄の史天倪と共に各地を転戦して武功を挙げたが、その兄が1225年、金の軍閥である武仙を降伏させた直後、今度は南宋と内通した武仙によって殺害されたため、史天沢は武仙を討って兄の後を継いで都元帥となる。以後は漢人軍閥の重鎮として華北の漢人軍閥を率いて、金討伐でも功績を立てた。

モンゴル・南宋戦争が始まると、華北に所領を与えられたクビライと誼を通じた。しかし第4代ハーンであるモンケの時代には、モンケとその党派による漢人排斥の動きなどから弾圧され、不遇であった。モンケの死後、クビライとアリクブケとの間に争いが起こると(アリクブケの乱)、クビライに味方してその擁立に大きく貢献した。1262年2月にはその継承争いの最中に山東地方の漢人軍閥である李璮の乱が起こるが、史天沢はこれに呼応せず、むしろ鎮圧に功績を立てた。李璮討伐のためにモンゴル王族カピチ(親王 哈必赤:ジョチ・カサル家の王族)[1]が史天沢は幕僚として扈従しこれを輔佐した。『元史』巻二百六 叛臣列伝の李璮の条によると、李璮が捕縛されて討伐軍の司令であった王族カピチの帳幕の前に引き出されたが、史天沢は「宜しく即ちに之を誅し、以て人心を安んず。」と言って、李璮は直ちに誅殺されたという。

クビライが第5代のハーンに即位すると、宰相に任じられて漢人の軍閥解体と華北の再編、漢人の人材推挙やモンゴルの漢化政策などで多くの功績を立てた。1268年から本格的に始まった南宋攻略戦である襄陽の戦いでは、アジュと共に将軍の1人として参戦した。南宋の名将・呂文煥の抵抗には手を焼き、足かけ5年を費やしたが、投石器の攻撃などで襄陽の重要な支城である樊城を陥落させ、そして呂文煥の妻子を使った調略により(呂文煥は襄陽の兵糧問題から妻子を城外に追い出していたが、史天沢はそれを保護していた)、1273年には呂文煥とその軍勢を投降させるという大功を立てた。

1274年、クビライより南宋攻略の大軍を率いる総司令官に任命されたが、高齢のためにまもなく病に倒れた。このため、クビライにバヤンを総司令官にするように推挙した。1275年に死去。享年74。

クビライはその死を惜しみ、鎮陽王に封じた。子の史格が後を継ぎ、史家は元王朝を支える名門貴族として続くことになる。 『元史』巻百五十五に列伝がある。

ペルシア語史料での記述[編集]

モンゴル帝国において準モンゴル人として遇されていた史天沢は、『集史』などのペルシア語史料ではサムカ・バアトル(Samka ba'tur/سمکه بهادر)の名前で記されている。この人名は漢文史料では「三哥抜都(『元史』巻1太祖本紀)」とも記されており、史天沢が史秉直の三男(三哥)であることからつけられた通称であると考えられている。

『集史』「クビライ・カアン紀」は史天沢=サムカ・バアトルが南宋遠征の司令官に任命されたが、その職をバヤンに譲った経緯を以下のように記している。

[バヤンが]そこ(クビライ・カアンの下)について、カアンは30トゥメンのモンゴル軍と80トゥメンのヒタイ(漢)軍を整えられた。そして、ヒタイ人のアミールの一人でチャガン・バルガスンの出身であり、モンケ・カアンの治世にイルになっていて、正しい心で仕えているサムカ・バアトルをヒタイ軍の長に任命なされた。前述のバヤンと、ウリヤンカイ部族出身でスベエデイ・バアトルの孫のアミール、アジュをモンゴル軍の長に任命された。[そして次のように]命じられた。「全軍の長は、サムカ・バアトルである。なぜなら、彼の紀律は厳しく、いつもその務めをよく果たしたからだ」と。彼等をナンギャス(南宋)の方へ派遣した。サムカは病のために途中で戻り、両軍どちらの長もバヤンとアジュになった。 — ラシードゥッディーン、『集史』「クビライ・カアン紀」[2]

参考文献[編集]

  • 池内功「史氏一族とモンゴルの金国経略」『中嶋先生古稀記念論集 上巻』汲戸書院、1980年
  • 杉山正明『モンゴル帝国の興亡〈上〉 軍事拡大の時代』講談社現代新書、1996年5月(杉山1996A)
  • 杉山正明『モンゴル帝国の興亡〈下〉 世界経営の時代』講談社現代新書、1996年6月(杉山1996B)
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 堤一昭「元朝江南行台の成立」『東洋史研究』第54巻4号、1996年

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』では合必赤大王、親王 哈必赤(または親王 合必赤)、諸王 哈必赤などとして表れ、クビライ幕下のモンゴル王族のひとりとして活躍している。しかしながら『元史』巻一百七 宗室世系表には「諸王 哈必赤」の名前が無く、出自が不明である。1261年モンゴル帝国帝位継承戦争におけるクビライ軍とアリクブケ軍との最大の戦闘となったいわゆるシムルトゥ・ノールの戦いにおいて、クビライ軍の左翼がテムゲ・オッチギン家の当主タガチャルカチウン家の当主クラクル、同家のナリン・カダアンベルグテイ家当主ジャウドゥらが配され、右翼にはコンギラト駙馬家当主ナチン、同部族のカガイ、オゴン、オロチン、ムカリ国王家当主クルムシほか諸部族長家の当主たちなどが配されている。『元史』巻百二十 朮赤台伝によると、このうちカピチは中軍に配されていた(「於是戦于石木温都之地。諸王哈丹、駙馬臘真与兀魯、忙兀居右,諸王塔察児及太丑台居左,合必赤将中軍。」)。このため、クビライに組した東方三王家のうちジョチ・カサル家の王族のみが抜けているため、クビライの中軍にいる王族カピチはジョチ・カサル家の王族ではないかと推測される。(杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年、114-116頁)
  2. ^ 訳文は堤1996,77頁より引用