台20線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tai 20.svg

台20線(たいにじゅうせん)は、台南市中西区から台東県関山鎮に至る台湾省道であり、玉井台3線との交差点から関山台9線との交差点を経て中央山脈までの区間を「南横公路」と別称している。

概要[編集]

歴史[編集]

月日 事跡

通過する自治体[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

接続する道路[編集]

  • 高速道路
    • TWHW8.svg新化端
  • 快速公路
    • TW PHW84.svg玉井端

支線[編集]

甲線[編集]

Tai 20甲.svg

台東県海端郷の初來橋を起点とし、同県池上郷台9本線との交差点を終点とする支線である。全長5.619Km。

乙線[編集]

Tai 20乙.svg

台南市左鎮区の公館[要曖昧さ回避]を起点とし、同市南化区の台3本線との交差点(南化国民中学付近)を終点とする支線である。全長8.176Km。

注釈[編集]

  1. ^ 途中に桃源区飛地を挟み込む路線になる。

外部リンク[編集]