台18線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tai 18.svg

台18号(たいじゅうはちせん)は、嘉義県高鉄嘉義駅から南投県塔塔加に至る台湾省道であり、嘉義市から塔塔加を経て阿里山までの区間を「嘉義玉山線(かぎぎょくざんせん)」と称していた。別称は「阿里山公路(ありさんこうろ)」。この区間では、新中部横貫公路計画の一部である。

廃止前には、台18本線は花蓮県内では、卓渓郷の一部、南投県内では、信義郷の一部、かなりの区間が未開通である。全長は206.586km(未開通区間を含む)で10のタウンシップを通過する。

塔塔加 - 瓦拉米歩道口間は、2006年10月16日に廃止された。瓦拉米歩道口 - 玉里間は2007年1月9日に台30本線に編入され現存。

概要[編集]

歴史[編集]

月日 事跡

通過する自治体[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
廃止区間:

( )内は起点からの営業キロ

他線への編入区間:

( )内は起点からの営業キロ

接続する道路[編集]

  • 高速道路
    • TWHW3.svg中埔IC

外部リンク[編集]