台湾鉄路管理局E200型電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
台湾鉄路管理局E200型電気機関車
E200型電気機関車。1989年、地上時代の板橋駅 (台北県)にて。
E200型電気機関車。1989年、地上時代の板橋駅 (台北県)にて。
基本情報
運用者 台湾鉄路管理局
製造所 ゼネラル・エレクトリック
製造年 1975年 - 1992年
製造数 40両
主要諸元
軸配置 Co'Co'
軌間 1,067 mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
全長 17,049 mm
全幅 2,972 mm
全高 4,100 mm
機関車重量 96 t
制御方式 サイリスタ位相制御
最高速度 110 km/h
出力 2,800 kW
テンプレートを表示

台湾鉄路管理局E200型電気機関車台湾鉄路管理局の現在の電気機関車の主力車種である。本稿では、外観の差異がほとんどないE300型電気機関車、E400型電気機関車についても言及する。台湾鉄路管理局は西部幹線1975年からの交流25000V電化に際して、E100型電気機関車に続き、97両のアメリカ合衆国GE製の電気機関車を購入した。[1]主電動機の総出力は2800kWで、サイリスタ位相制御により連続制御される。

形式別概説[編集]

E200型[編集]

40両があり、全車が[2]出力350kWの電動交流発電機を搭載しており、冷房つきの客車に三相交流60Hz440Vの電源を供給できる。1978年に35両が輸入され、1992年にはさらに5両が輸入された。重量は96tである。

E300型[編集]

39両があり、E200型と同時に1978年に輸入された。E301号機とE302号機を除き電動交流発電機が無く、過去には冷房つき客車の定期運用時には、電源荷物車を増結して対応したこともある。

E400型[編集]

E400型は18両があり、1980年から1982年の間に輸入された。E200型同様、電動交流発電機を有する。メーカーでの元の設計では歯車比はE200型やE300型より小さく、最高速度は130km/hであるかわりに、牽引力や登坂能力が低かった。台湾鉄路管理局では、E200型の運用管理を簡略化するために、近年、E400型の歯車比をE200型やE300型と同じに改造したために、現在では最高速度は110km/hとなっている。

画像集[編集]

E200型

E300型

E400型

脚注[編集]