台湾総督府民政部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台湾総督府民政局から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

台湾総督府民政部(たいわんそうとくふみんせいぶ)は、台湾総督府に置かれた行政・司法の担当部局である。

沿革[編集]

1895年(明治28年)5月21日、台湾総督府仮条例が制定され、総督府に民政局陸軍局海軍局が設置された。1898年(明治31年)6月20日、民政局が民政部と改称し、1919年(大正8年)8月20日に廃止[1]されるまで存続した。

組織の変遷[編集]

歴代民政長官・民政局長[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(大正8年8月20日勅令第393号)
  2. ^ 台湾総督府仮条例(明治28年5月21日)
  3. ^ 台湾総督府条例(明治28年8月6日陸達第70号)
  4. ^ 台湾総督府民政局官制(明治29年3月31日勅令第90号)
  5. ^ 台湾総督府官制(明治30年10月21日勅令第362号)
  6. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治31年6月20日勅令第106号)、参考文献『植民地官僚の政治史』380 - 381頁。
  7. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治34年11月11日勅令第201号)
  8. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治42年10月25日勅令第270号)
  9. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治44年10月16日勅令第260号)
  10. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(大正4年7月22日勅令第129号)
  11. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(大正8年6月28日勅令第311号)

参考文献[編集]

  • 岡本真希子『植民地官僚の政治史 - 朝鮮・台湾総督府と帝国日本』三元社、2008年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

関連項目[編集]