台湾光復節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾光復節
01122.jpg
台北市内の光復節祝賀の風景。当時中華民国に馴染みのない台湾人は、国旗を左右逆にしている
各種表記
繁体字 臺灣光復節
簡体字 台湾光复节
拼音 Táiwān Guāngfùjié
注音符号 ㄊㄞˊ ㄨㄢ ㄍㄨㄤ ㄈㄨˋ ㄐㄧㄝˊ
発音: タイワン グアンフージエ
テンプレートを表示

台湾光復節(たいわんこうふくせつ)は、台湾の記念日で、台湾における日本の統治が終わったことを記念する日である。

解説[編集]

日清戦争での清朝の敗北により、下関条約1895年4月17日調印)によって、台湾は清朝から日本に割譲され、その統治下に編入された。そして、第二次世界大戦での日本の敗北を受け、ポツダム宣言1945年9月2日調印)に則って、1945年9月9日中華民国南京で日本軍の降服を受諾し、10月25日台北で台湾における降服を受諾する式典を行い、中華民国が台湾を接収した。

中華民国は、これをもって台湾が「中国」に「返還」されたとの立場をとっている。しかし、日本国との平和条約1951年)により正式に割譲を受けたのではないため、国際法上の裏づけを持たない一方的宣言にすぎないとする見方もある。逆に、ポツダム宣言を「台湾を領有する政府が、日本から中華民国に入れ替わった」裏づけになっているという見方もある。[要出典]

降服式典[編集]

1945年10月25日、「中国戦区台湾省降服受諾式典」は午前11時に台北公会堂において実施された。降服側は日本台湾総督府であり、陳儀を代表とする中国戦区(総軍)に権限が委譲された。同日、台湾省行政長官公署が正式運用を開始し、旧台北市役所(現在の行政院跡)に設けられた。

主な臨席者

この日を記念し、翌年8月台湾省行政長官公署の命令により、式典が行なわれた10月25日を「台湾光復節」と定めた。2001年の週休二日制の導入後は、光復節は休暇を伴わない記念日となっている。1995年、台湾光復50周年を記念した、10元記念硬貨や記念切手が発行された。また、2010年10月25日から11月21日まで、台湾省政府は台湾光復65周年特別展を開催した。

関連項目[編集]