台東区立蔵前小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台東区立蔵前小学校
台東区立蔵前小学校.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 Flag of Taito, Tokyo.svg台東区
併合学校 台東区立精華小学校
台東区立済美小学校
台東区立小島小学校
校訓 自ら学ぶ子、人間性豊かな子、心も体も健康な子、チャレンジする子
設立年月日 2003年4月1日
創立記念日 12月11日
共学・別学 男女共学
所在地 111-0051
東京都台東区蔵前4丁目19-11

北緯35度42分15.72秒 東経139度47分21.38秒 / 北緯35.7043667度 東経139.7892722度 / 35.7043667; 139.7892722座標: 北緯35度42分15.72秒 東経139度47分21.38秒 / 北緯35.7043667度 東経139.7892722度 / 35.7043667; 139.7892722
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

台東区立蔵前小学校(たいとうくりつ くらまえしょうがっこう)は、東京都台東区蔵前にある公立小学校。精華公園、くらまえオレンジ図書館に隣接している。

沿革[編集]

精華小学校[編集]

  • 1874年(明治7年)12月7日 浅草区寿町7番地に創立。第五番中学区第八番小学戸田学校と称した。
  • 1888年(明治21年) 北富坂町二九番地(現在の位置)に校舎新築、「精華」と改称。
  • 1982年(昭和57年)8月 新校舎竣工
  • 2003年(平成15年)3月31日 閉校(東京都台東区蔵前四丁目19-11、現蔵前小学校)

済美小学校[編集]

  • 2003年(平成15年)3月31日 閉校(東京都台東区寿一丁目10-9、現ことぶきこども園)

小島小学校[編集]

  • 1908年(明治41年)6月 創立
  • 1928年(昭和3年)8月27日 新校舎竣工
  • 2003年(平成15年)閉校(東京都台東区小島二丁目9-10、現台東デザイナーズビレッジ)

特色[編集]

  • 食育に力を入れており、食育授業のほか、祖父母と一緒に給食を食べたり、テレビ取材を受けている[1]
  • 台東区「下町台東の美しい心づくり」と連動し、朝の「あいさつ運動」を励行しており、あいさつ当番の児童の他、校長、副校長を筆頭に教職員による元気な挨拶を継続している[2]
  • 6年生全員で金管バンド、バンドドリルを組み運動会で披露したり、台東区の各種イベントに出演している[3]
  • 4年生から6年生の希望者でオーケストラを結成し、毎朝30分練習している。専門の講師は8名、団員数は100名超[4]

規模[編集]

  • 児童数
令和4年度 746人
平成31年度 556人
平成30年度 528人
平成29年度 512人
平成28年度 474人

本校通学区域と中学校通学区域[編集]

本校通学区域 中学校通学区域
三筋小島寿一丁目、元浅草一丁目1〜13番、三丁目1〜16、19〜22番 台東区立御徒町台東中学校
蔵前二〜四丁目、寿二丁目 台東区立浅草中学校
元浅草四丁目1〜4、8〜10番 台東区立駒形中学校

出身者[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 蔵前小学校では、知的障害児のための特別学級を設けている[5]
  2. ^ 「精華 創立120周年記念誌」を引用した記事「精華小学校は、明治七年十二月七日に浅草寿町七番地に創設されました。校舎は、木造の平屋というたてものと、町の人たちがきふしたお金でたてた二階だてのたてものをあわせて使いました。このときの校名は「精華」といわず「第五中学区八番小学戸田校」といいました。<中略> 開校の時のせいと数は、男四十八人、女八人の五十六人でした。その中に夏目漱石もいたそうです。」[6]

出典[編集]

  1. ^ 蔵前小学校:教育の特色:食育蔵前小学校2018年8月19日閲覧
  2. ^ 蔵前小学校:学校生活蔵前小学校2018年8月19日閲覧
  3. ^ 蔵前小日記蔵前小学校2018年8月19日閲覧:したまちコメディ映画祭in台東に出演
  4. ^ 蔵前小学校:教育の特色蔵前小学校2018年8月19日閲覧
  5. ^ 台東区就学相談”. 台東区. 2018年5月18日閲覧。
  6. ^ 夏目漱石の東京を歩く -2-”. 東京紅團. 2018年5月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]