可部恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

可部 恒雄(かべ つねお、1927年(昭和2年)3月9日 - 2011年(平成23年)2月3日[1])は、日本裁判官弁護士最高裁判所判事

広島県出身。広島で被爆し妹を亡くしている。可部哲生財務省大臣官房総括審議官は孫で、その妻は岸田文雄外務大臣の妹[2]

東京地裁裁判長時代に東京スモン訴訟を担当し、いわゆる「可部所見」を出し、その後の薬害裁判に影響を与えた。

来歴[編集]

1952年(昭和27年)判事補任官。水戸地裁所長、最高裁首席調査官東京地裁所長等を経て、1988年(昭和63年)福岡高等裁判所長官に就任。1990年(平成2年)から最高裁判所判事を務め、1997年(平成9年)に定年退官。1997年4月2日の愛媛県靖国神社玉串訴訟大法廷判決では三好達と共に国側主張を支持し反対意見を出した。

退官後は弁護士登録し、NEC監査役を務めた。1999年(平成11年)に勲一等瑞宝章を受章した。

2011年(平成23年)2月3日、死去。83歳没。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第一東京弁護士会会報2011年4月号(第457号)47頁
  2. ^ 「霞が関「7人の天才」はこんな人たち~頭がキレて、モノが違う」週刊現代2017.9.11