可変リフレッシュレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

可変リフレッシュレート(かへんりふれっしゅれーと、英語: Variable refresh rate( VRR ) )は、可変リフレッシュレートテクノロジーをサポートするディスプレイで、状況に応じて継続的かつシームレスに変化できる動的ディスプレイ・デバイス英語版リフレッシュ レート

可変リフレッシュ レートをサポートするディスプレイは、通常、特定の範囲のリフレッシュレート (たとえば30Hzから144Hz) をサポートする。これを可変リフレッシュレート範囲(VRR範囲)と呼ぶ。リフレッシュレートは、この範囲内のどこでもシームレスに継続的に変化する可能性がある[1]

効果[編集]

リフレッシュレートが固定されているディスプレイでは、フレームは特定の間隔でのみ画面に等間隔で表示できる。その間隔が到達したときに新しいフレームの準備ができていない場合、古いフレームは次の間隔まで画面に保持される(スタッタリング)、または古いフレームと新しいフレームの完了した部分が表示される(ティアリング)。逆に、インターバルが来る前にフレームの準備ができている場合、そのインターバルが来るまでフレームは表示されない。可変リフレッシュ レートの主な目的は、ビデオゲームのさまざまなフレームレートと同期するリフレッシュレートを維持することにより、スタッターやティアリングを排除する。これにより、フレームレートが変化しても、表示の動きがよりスムーズになる[2][3]

もう1つの目的はラップトップやモバイルデバイスのバッテリー電力を節約するためにディスプレイのリフレッシュ レートを一時的に下げる電源管理[4]

また、可変リフレッシュレートにより、ディスプレイは、ディスプレイがサポートするリフレッシュレート範囲内の任意のフィルムまたはビデオフレームレートを正しく表示する[5][6]

歴史[編集]

ベクトルディスプレイでは、画面上のベクトルの数に応じて、ブラウン管(CRT)のリフレッシュレートが変化した。これは、ベクトルが多いほど、画面に描画するのに時間がかかるためである[7]

さらに最近では、2010年代以降、ラスターディスプレイは可変リフレッシュレートに関するいくつかの業界標準を獲得した。これまでは、一般的なディスプレイモードでは、固定リフレッシュレートの限られた選択肢しかなかった。

実装[編集]

可変リフレッシュレートのディスプレイテクノロジーには、いくつかの業界標準と独自規格が含まれている。

VRRを搭載した最初の電話は、Samsung Galaxy Note 20英語版[10]

脚注[編集]

  1. ^ G-SYNC. “Preview of NVIDIA G-SYNC, Part #1 (Fluidity)”. Blur Busters. 2017年1月5日閲覧。
  2. ^ Soomro (2017年1月5日). “HDMI 2.1 brings 8K, 10K resolution and variable refresh rates”. 2017年1月5日閲覧。
  3. ^ G-Sync vs. FreeSync: Adaptive sync gaming monitors explained”. PCWorld (2018年9月7日). 2018年9月7日閲覧。
  4. ^ Variable refresh rate for power management”. 2021年6月11日閲覧。
  5. ^ Adaptive control of display refresh rate based on video frame rate and power efficiency”. 2021年6月11日閲覧。
  6. ^ NVIDIA Newsroom. “NVIDIA Supersizes PC Gaming with New Breed of Big Format Gaming Displays | NVIDIA Newsroom”. nvidianews.nvidia.com. 2021年1月6日閲覧。
  7. ^ Variable refresh rate for stroke CRT displays”. 2021年6月11日閲覧。
  8. ^ Company, The Asahi Shimbun. “朝日新聞デジタル写真特集「アップルWWDC2017詳細リポート」の「新しいiPad Proのディスプレイは120Hzから24Hzまでリフレッシュレートが可変。非常になめらかな動作とバッテリー消費の軽減を両立する(51/75)」” (日本語). asahi.com. 2021年10月21日閲覧。
  9. ^ a b Miller, Chance (2021年10月19日). “MacBook Pro ProMotion tidbits: 24Hz to 120Hz range, battery life, more” (英語). 9to5Mac. 2021年10月21日閲覧。
  10. ^ Siddiqui (2020年8月12日). “The Galaxy Note 20 Ultra is the first phone with Samsung's new VRR OLED display”. xda-developers. 2020年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]