只野直三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

只野 直三郎(ただの なおさぶろう、1900年(明治33年)10月2日 - 1984年(昭和59年)9月26日)は、昭和期の政治家衆議院議員宮城県遠田郡田尻町(現在の大崎市)出身。

年譜[編集]

エピソードなど[編集]

  • 天皇主権の確立、統領制度の樹立(内閣総理大臣の公選制度導入)、州郡制度の実施など、ユニークな主張を展開した。特に州郡制度は、近年議論されている道州制につながる主張であるとして、「先見の政治家」と評価する声がある。
  • 衆議院議員時代に日本自由党、落選後も自由民主党の国会議員から入党を勧められたことがあったが、日本人民党の党首であることを理由に固辞したという。
  • 旧田尻町出身者としては、唯一の国会議員(2008年現在)。
  • 田尻町文化センター(現・大崎市田尻文化センター)には、2001年4月に顕彰碑が建立された。2006年11月、只野に関する品を一堂に集めた展示室も作られた。
  • 自民党の衆議院議員で外務大臣大蔵大臣などを務めた三塚博は、国政出馬に当たり、只野の選挙の仕方を参考にしたと生前語っていた。また鈴木邦男は生前の只野に会い、鈴木が国民投票を中心とする直接民主制を主張したことに只野が共鳴したと回想している。

兄・只野直助[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
(結成)
日本人民党党首
次代:
(解散)